Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第11章 関数

11.1. OpenShift Serverless Functions の設定

重要

OpenShift Serverless Functions は、テクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビューの機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

アプリケーションコードのデプロイプロセスを改善するために、OpenShift Serverless を使用して、ステートレスでイベント駆動型の関数を Knative サービスとして OpenShift Container Platform にデプロイできます。関数を開発する場合は、セットアップ手順を完了する必要があります。

11.1.1. 前提条件

クラスターで OpenShift Serverless Functions の使用を有効にするには、以下の手順を実行する必要があります。

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。

    注記

    関数は Knative サービスとしてデプロイされます。関数でイベント駆動型のアーキテクチャーを使用する必要がある場合は、Knative Eventing もインストールする必要があります。

  • oc CLI がクラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI がクラスターにインストールされている。Knative CLI をインストールすると、関数の作成および管理に使用できる kn func コマンドを使用できます。
  • Docker Container Engine またはバージョン 3.3 以降の podman をインストールし、利用可能なイメージレジストリーにアクセスできる。
  • Quay.io をイメージレジストリーとして使用する場合は、リポジトリーがプライベートではないか確認するか、OpenShift Container Platform ドキュメント Pod が他のセキュアなレジストリーからイメージを参照できるようにする設定 に従っていることを確認する必要があります。
  • OpenShift Container レジストリーを使用している場合には、クラスター管理者は レジストリーを公開する 必要があります。

11.1.2. podman の設定

高度なコンテナー管理機能を使用するには、OpenShift Serverless Functions で podman を使用することをお勧めします。そのためには、podman サービスを開始し、それに接続するように Knative (kn) CLI を設定する必要があります。

手順

  1. ${XDG_RUNTIME_DIR}/podman/podman.sock で、UNIX ソケットで Docker API を提供する podman サービスを起動します。

    $ systemctl start --user podman.socket
    注記

    多くのシステムでは、このソケットは /run/user/$(id -u)/podman/podman.sock にあります。

  2. 関数のビルドに使用する環境変数を確立します。

    $ export DOCKER_HOST="unix://${XDG_RUNTIME_DIR}/podman/podman.sock"
  3. -v フラグを指定して、関数プロジェクトディレクトリー内で build コマンドを実行し、詳細な出力を表示します。ローカルの UNIX ソケットへの接続が表示されるはずです。

    $ kn func build -v

11.1.3. 次のステップ