Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.2. 関数を使い始める

関数のライフサイクル管理には、関数の作成、構築、デプロイが含まれます。必要に応じて、デプロイされた関数を呼び出してテストすることもできます。これらの操作はすべて、kn func ツールを使用して OpenShift Serverless で実行できます。

重要

OpenShift Serverless Functions は、テクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、開発プロセスの中でお客様に機能性のテストとフィードバックをしていただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

11.2.1. 前提条件

以下の手順を実行する前に、「OpenShift Serverless 機能の設定」の要件タスクをすべて完了している必要があります。