Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.2.3. Kafka ブローカー構成の設定

設定マップを作成し、Kafka Broker オブジェクトでこの ConfigMap を参照することで、レプリケーション係数、ブートストラップサーバー、および Kafka ブローカーのトピックパーティションの数を設定できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform でクラスターまたは専用の管理者パーミッションを持っている。
  • OpenShift Serverless Operator、Knative Eventing、および KnativeKafka カスタムリソース (CR) は OpenShift Container Platform クラスターにインストールされます。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. kafka-broker-config ConfigMap を変更するか、以下の設定が含まれる独自の ConfigMap を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: <config_map_name> 1
      namespace: <namespace> 2
    data:
      default.topic.partitions: <integer> 3
      default.topic.replication.factor: <integer> 4
      bootstrap.servers: <list_of_servers> 5
    1
    ConfigMap 名。
    2
    ConfigMap が存在する namespace。
    3
    Kafka ブローカーのトピックパーティションの数。これは、イベントをブローカーに送信する速度を制御します。パーティションが多い場合には、コンピュートリソースが多く必要です。
    4
    トピックメッセージのレプリケーション係数。これにより、データ損失を防ぐことができます。レプリケーション係数を増やすには、より多くのコンピュートリソースとストレージが必要になります。
    5
    ブートストラップサーバーのコンマ区切りリスト。これは、OpenShift Container Platform クラスターの内部または外部にある可能性があり、ブローカーがイベントを受信してイベントを送信する Kafka クラスターのリストです。
    重要

    default.topic.replication.factor の値は、クラスター内の Kafka ブローカーインスタンスの数以下である必要があります。たとえば、Kafka ブローカーが 1 つしかない場合には、default.topic.replication.factor の値は "1" を超える値にすることはできません。

    Kafka ブローカーの ConfigMap の例

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: kafka-broker-config
      namespace: knative-eventing
    data:
      default.topic.partitions: "10"
      default.topic.replication.factor: "3"
      bootstrap.servers: "my-cluster-kafka-bootstrap.kafka:9092"

  2. ConfigMap を適用します。

    $ oc apply -f <config_map_filename>
  3. Kafka Broker オブジェクトの ConfigMap を指定します。

    Broker オブジェクトの例

    apiVersion: eventing.knative.dev/v1
    kind: Broker
    metadata:
      name: <broker_name> 1
      namespace: <namespace> 2
      annotations:
        eventing.knative.dev/broker.class: Kafka 3
    spec:
      config:
        apiVersion: v1
        kind: ConfigMap
        name: <config_map_name> 4
        namespace: <namespace> 5
    ...

    1
    ブローカー名。
    2
    ブローカーが存在する namespace。
    3
    ブローカークラスアノテーション。この例では、ブローカーはクラス値 Kafka を使用する Kafka ブローカーです。
    4
    ConfigMap 名。
    5
    ConfigMap が存在する namespace。
  4. ブローカーを適用します。

    $ oc apply -f <broker_filename>