Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.10. Red Hat OpenShift Serverless 1.18.0 のリリースノート

OpenShift Serverless 1.18.0 が利用可能になりました。以下では、OpenShift Container Platform 上のOpenShift Serverless に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

1.10.1. 新機能

  • OpenShift Serverless は Knative Serving 0.24.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Eventing 0.24.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Kourier 0.24.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative (kn) CLI 0.24.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Kafka 0.24.7 を使用するようになりました。
  • kn func CLI プラグインは func 0.18.0 を使用するようになりました。
  • 今後の OpenShift Serverless 1.19.0 リリースでは、外部ルートの URL スキームはデフォルトで HTTPS になり、セキュリティーが強化されます。

    この変更をワークロードに適用する必要がない場合は、以下の YAML を KnativeServing カスタムリソース (CR) に追加してから 1.19.0 にアップグレードする前にデフォルト設定を上書きできます。

    ...
    spec:
      config:
        network:
          defaultExternalScheme: "http"
    ...

    変更を 1.18.0 ですでに適用する必要がある場合には、以下の YAML を追加します。

    ...
    spec:
      config:
        network:
          defaultExternalScheme: "https"
    ...
  • 今後の OpenShift Serverless 1.19.0 リリースでは、Kourier ゲートウェイが公開されるデフォルトのサービスタイプは ClusterIP であり、LoadBalancer ではありません。

    この変更をワークロードに適用する必要がない場合は、以下の YAML を KnativeServing カスタムリソース定義 (CRD) に追加してから 1.19.0 にアップグレードする前にデフォルト設定を上書きできます。

    ...
    spec:
      ingress:
        kourier:
          service-type: LoadBalancer
    ...
  • OpenShift Serverless で emptyDir ボリュームを使用できるようになりました。詳細は、Knative Serving に関する OpenShift Serverless ドキュメントを参照してください。
  • kn func を使用して関数を作成すると、Rust テンプレートが利用できるようになりました。