Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.5. チャネルおよびサブスクリプション

チャネルは、単一のイベント転送および永続レイヤーを定義するカスタムリソースです。イベントがイベントソースまたは生成側からチャネルに送信された後に、これらのイベントはサブスクリプションを使用して複数の Knative サービスまたは他のシンクに送信できます。

Channel workflow overview

サポートされている Channel オブジェクトをインスタンス化することでチャネルを作成し、Subscription オブジェクトの delivery 仕様を変更して再配信の試行を設定できます。

Channel オブジェクトが作成されると、変更用の受付 Webhook はデフォルトのチャネル実装に基づいて Channel オブジェクトの spec.channelTemplate プロパティーのセットを追加します。たとえば、InMemoryChannel のデフォルト実装の場合、Channel オブジェクトは以下のようになります。

apiVersion: messaging.knative.dev/v1
kind: Channel
metadata:
  name: example-channel
  namespace: default
spec:
  channelTemplate:
    apiVersion: messaging.knative.dev/v1
    kind: InMemoryChannel

チャネルコントローラーは、その後に spec.channelTemplate 設定に基づいてサポートするチャネルインスタンスを作成します。

注記

spec.channelTemplate プロパティーは作成後に変更できません。それらは、ユーザーではなくデフォルトのチャネルメカニズムで設定されるためです。

このメカニズムが上記の例で使用される場合、汎用バッキングチャネルおよび InMemoryChannel チャネルなど 2 つのオブジェクトが作成されます。別のデフォルトチャネルの実装を使用している場合、InMemoryChannel は実装に固有のものに置き換えられます。たとえば、Knative Kafka の場合、KafkaChannel チャネルが作成されます。

バッキングチャネルは、サブスクリプションをユーザー作成のチャネルオブジェクトにコピーし、ユーザー作成チャネルオブジェクトのステータスを、バッキングチャネルのステータスを反映するように設定します。

2.5.1. チャネルの実装タイプ

InMemoryChannel および KafkaChannel チャネルの実装は、開発目的で OpenShift Serverless で使用できます。

以下は、InMemoryChannel タイプのチャネルの制限です。

  • イベントの永続性は利用できません。Pod がダウンすると、その Pod のイベントが失われます。
  • InMemoryChannel チャネルはイベントの順序を実装しないため、チャネルで同時に受信される 2 つのイベントはいずれの順序でもサブスクライバーに配信できます。
  • サブスクライバーがイベントを拒否する場合、再配信はデフォルトで試行されません。Subscription オブジェクトの delivery 仕様を変更することで、再配信の試行を設定できます。

Kafka チャネルの詳細は、Knative Kafka のドキュメントを参照してください。