Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.7. 高可用性

高可用性 (HA) は Kubernetes API の標準的な機能で、中断が生じる場合に API が稼働を継続するのに役立ちます。HA デプロイメントでは、アクティブなコントローラーがクラッシュまたは削除された場合、別のコントローラーをすぐに使用できます。このコントローラーは、現在使用できないコントローラーによって処理されていた API の処理を引き継ぎます。

OpenShift Serverless の HA は、リーダーの選択によって利用できます。これは、Knative Serving または Eventing コントロールプレーンのインストール後にデフォルトで有効になります。リーダー選択の HA パターンを使用する場合、必要時に備えてコントローラーのインスタンスはスケジュールされ、クラスター内で実行されます。これらのコントローラーインスタンスは、共有リソースの使用に向けて競います。これは、リーダー選択ロックとして知られています。リーダー選択ロックのリソースにアクセスできるコントローラーのインスタンスはリーダーと呼ばれます。

6.7.1. Knative Serving の高可用性レプリカの設定

高可用性 (HA) は、デフォルトで Knative Serving activatorautoscalerautoscaler-hpacontrollerwebhookkourier-control、および kourier-gateway コンポーネントで使用できます。これらのコンポーネントは、デフォルトでそれぞれ 2 つのレプリカを持つように設定されています。KnativeServing カスタムリソース (CR) の spec.high-availability.replicas 値を変更して、これらのコンポーネントのレプリカ数を変更できます。

前提条件

  • クラスター管理者のパーミッションを持つ OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。
  • Web コンソールにログインしている。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの Administrator パースペクティブで、OperatorHubInstalled Operators に移動します。
  2. knative-serving namespace を選択します。
  3. OpenShift Serverless Operator の Provided API 一覧で Knative Serving をクリックし、Knative Serving タブに移動します。
  4. knative-serving をクリックしてから、knative-serving ページの YAML タブに移動します。

    Knative Serving YAML
  5. KnativeServing CR のレプリカ数を変更します。

    サンプル YAML

    apiVersion: operator.knative.dev/v1alpha1
    kind: KnativeServing
    metadata:
      name: knative-serving
      namespace: knative-serving
    spec:
      high-availability:
        replicas: 3