Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.6. Red Hat OpenShift Serverless 1.22.0 のリリースノート

OpenShift Serverless 1.22.0 が公開されました。以下では、OpenShift Container Platform 上のOpenShift Serverless に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

1.6.1. 新機能

  • OpenShift Serverless は Knative Serving 1.1 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Eventing 1.1 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Kourier 1.1 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative (kn) CLI 1.1 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は KnativeKafka1.1 を使用するようになりました。
  • kn func CLI プラグインは func 0.23 を使用するようになりました。
  • Knative サービスの初期コンテナーサポートがテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。
  • Knative サービスの永続ボリュームクレーム (PVC) サポートが、テクノロジープレビューとして利用できるようになりました。
  • knative-servingknative-serving-ingressknative-eventing、および knative-kafka システムネームボックスに、デフォルトで knative.openshift.io/part-of:"openshift-serverless" ラベルが付けられるようになりました。
  • Knative Eventing-Kafka Broker/Trigger ダッシュボードが追加されました。これにより、Web コンソールで Kafka ブローカーとトリガーメトリックを視覚化できます。
  • Knative Eventing-KafkaSink ダッシュボードが追加されました。これにより、Web コンソールで KafkaSink メトリックを視覚化できます。
  • Knative Eventing-Broker/Trigger ダッシュボードは、Knative Eventing-Channel-based Broker/Trigger と呼ばれるようになりました。
  • knative.openshift.io/part-of: " openshift-serverless " ラベルが、knative.openshift.io/system-namespace ラベルに置き換わりました。
  • Knative Serving YAML 設定ファイルの命名スタイルがキャメルケース (ExampleName) からハイフンスタイル (example-name) に変更されました。このリリース以降、Knative Serving YAML 設定ファイルを作成または編集するときは、ハイフンスタイルの表記を使用してください。