Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.5.3. 既知の問題

  • 連邦情報処理標準 (FIPS) モードは、Kafka ブローカー、Kafka ソース、および Kafka シンクに対して無効になっています。
  • OpenShift Serverless 1.23 では、KafkaBindings および kafka -binding Webhook のサポートが削除されました。ただし、既存の kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev MutatingWebhookConfiguration が残り、もはや存在しない kafka-source-webhook サービスを指している可能性があります。

    クラスター上の KafkaBindings の特定の仕様については、kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev MutatingWebhookConfiguration を設定して、Webhook を介して Deployment、Knative Services、または Jobs などのさまざまなリソースに作成および更新イベントを渡すことができます。その後失敗します。

    この問題を回避するには、OpenShift Serverless 1.23 にアップグレードした後、クラスターから kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev MutatingWebhookConfiguration を手動で削除します。

    $ oc delete mutatingwebhookconfiguration kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev