Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 Knative CLI

4.1. Knative CLI のインストール

Knative (kn) CLI には、独自のログインメカニズムがありません。クラスターにログインするには、OpenShift CLI ()をインストールし、oclogin コマンドを使用する必要があります。CLI のインストールオプションは、オペレーティングシステムによって異なる場合があります。

ご使用のオペレーティングシステム用に oc CLI をインストールする方法および oc でのログイン方法についての詳細は、OpenShift CLI の使用開始についてのドキュメントを参照してください。

Knative (kn) CLI を使用して OpenShift Serverless をインストールすることはできません。クラスター管理者は、OpenShift Serverless Operator のインストール のドキュメントで説明されているように、OpenShift Serverless Operator をインストールし、Knative コンポーネントをセットアップする必要があります。

重要

新しい OpenShift Serverless リリースで古いバージョンの Knative (kn) CLI の使用を試行する場合は、API が見つからないとエラーが発生します。

たとえば、バージョン 1.2 を使用する Knative (kn) CLI の 1.23.0 リリースと、Knative Serving および Knative Eventing API の 1.3 バージョンを使用する 1.24.0 OpenShift Serverless リリースを使用する場合、CLI は古い 1.2 API バージョンを検索し続けるため機能しません。

問題を回避するために、OpenShift Serverless リリースの最新の Knative (kn) CLI バージョンを使用していることを確認してください。

4.1.1. OpenShift Container Platform Web コンソールを使用した Knative CLI のインストール

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用すると、Knative (kn) CLI をインストールするための合理化された直感的なユーザーインターフェイスが提供されます。\OpenShift Serverless Operator をインストールすると、OpenShift Container PlatformWeb コンソールの コマンドラインツール ページから Linux (amd64、s390x、ppc64le)、macOS、または Windows 用の Knative (kn) CLI をダウンロードするためのリンクが表示されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform Web コンソールにログインしている。
  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving が OpenShift Container Platform クラスターにインストールされている。

    重要

    libc が利用できない場合は、CLI コマンドの実行時に以下のエラーが表示される場合があります。

    $ kn: No such file or directory
  • この手順の検証手順を使用する場合は、OpenShift (oc) CLI をインストールする必要があります。

手順

  1. Command Line Tools ページから Knative (kn) CLI をダウンロードします。Command Line Tools ページには、Web コンソールの右上の question circle アイコンをクリックして、リストの Command Line Tools を選択します。
  2. アーカイブを展開します。

    $ tar -xf <file>
  3. kn バイナリーを PATH にあるディレクトリーに移動します。
  4. PATH を確認するには、以下を実行します。

    $ echo $PATH

検証

  • 以下のコマンドを実行して、正しい Knative CLI リソースおよびルートが作成されていることを確認します。

    $ oc get ConsoleCLIDownload

    出力例

    NAME                  DISPLAY NAME                                             AGE
    kn                    kn - OpenShift Serverless Command Line Interface (CLI)   2022-09-20T08:41:18Z
    oc-cli-downloads      oc - OpenShift Command Line Interface (CLI)              2022-09-20T08:00:20Z

    $ oc get route -n openshift-serverless

    出力例

    NAME   HOST/PORT                                  PATH   SERVICES                      PORT       TERMINATION     WILDCARD
    kn     kn-openshift-serverless.apps.example.com          knative-openshift-metrics-3   http-cli   edge/Redirect   None

4.1.2. RPM パッケージマネージャーを使用した Linux 用の Knative CLI のインストール

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) の場合、yumdnf などのパッケージマネージャーを使用して、Knative (kn) CLI を RPM としてインストールできます。これにより、Knative CLI バージョンをシステムで自動的に管理できます。たとえば、dnf upgrade のようなコマンドを使用すると、新しいバージョンが利用可能な場合、kn を含むすべてのパッケージがアップグレードされます。

前提条件

  • お使いの Red Hat アカウントに有効な OpenShift Container Platform サブスクリプションがある。

手順

  1. Red Hat Subscription Manager に登録します。

    # subscription-manager register
  2. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

    # subscription-manager refresh
  3. 登録済みのシステムにサブスクリプションを添付します。

    # subscription-manager attach --pool=<pool_id> 1
    1
    有効な OpenShift Container Platform サブスクリプションのプール ID
  4. Knative (kn) CLI に必要なリポジトリーを有効にします。

    • Linux (x86_64, amd64)

      # subscription-manager repos --enable="openshift-serverless-1-for-rhel-8-x86_64-rpms"
    • Linux on IBM Z and LinuxONE (s390x)

      # subscription-manager repos --enable="openshift-serverless-1-for-rhel-8-s390x-rpms"
    • Linux on IBM Power (ppc64le)

      # subscription-manager repos --enable="openshift-serverless-1-for-rhel-8-ppc64le-rpms"
  5. パッケージマネージャーを使用して、Knative (kn) CLI を RPM としてインストールします。

    yum コマンドの例

    # yum install openshift-serverless-clients

4.1.3. Linux の Knative CLI のインストール

RPM または別のパッケージマネージャーがインストールされていない Linux ディストリビューションを使用している場合は、Knative (kn) CLI をバイナリーファイルとしてインストールできます。これを行うには、tar.gz アーカイブをダウンロードして解凍し、バイナリーを PATH のディレクトリーに追加する必要があります。

前提条件

  • RHEL または Fedora を使用していない場合は、ライブラリーパスのディレクトリーに libc がインストールされていることを確認してください。

    重要

    libc が利用できない場合は、CLI コマンドの実行時に以下のエラーが表示される場合があります。

    $ kn: No such file or directory

手順

  1. Knative (kn) CLI の tar.gz アーカイブをダウンロードします。

  2. アーカイブを展開します。

    $ tar -xf <filename>
  3. kn バイナリーを PATH にあるディレクトリーに移動します。
  4. PATH を確認するには、以下を実行します。

    $ echo $PATH

4.1.4. macOS の Knative CLI のインストール

macOS を使用している場合は、Knative (kn) CLI をバイナリーファイルとしてインストールできます。これを行うには、tar.gz アーカイブをダウンロードして解凍し、バイナリーを PATH のディレクトリーに追加する必要があります。

手順

  1. Knative (kn) CLItar.gz アーカイブ をダウンロードします。
  2. アーカイブを解凍して解凍します。
  3. kn バイナリーを PATH にあるディレクトリーに移動します。
  4. PATH を確認するには、ターミナルウィンドウを開き、以下を実行します。

    $ echo $PATH

4.1.5. Windows の Knative CLI のインストール

Windows を使用している場合は、Knative (kn) CLI をバイナリーファイルとしてインストールできます。これを行うには、ZIP アーカイブをダウンロードして解凍し、バイナリーを PATH のディレクトリーに追加する必要があります。

手順

  1. Knative (kn) CLIZIP アーカイブ をダウンロードします。
  2. ZIP プログラムでアーカイブを展開します。
  3. kn バイナリーを PATH にあるディレクトリーに移動します。
  4. PATH を確認するには、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

    C:\> path