Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.4. Knative Serving CLI コマンド

以下の Knative (kn) CLI コマンドを使用して、クラスター上の Knative Serving タスクを完了できます。

4.4.1. kn service コマンド

以下のコマンドを使用して Knative サービスを作成し、管理できます。

4.4.1.1. Knative CLI を使用したサーバーレスアプリケーションの作成

Knative (kn) CLI を使用してサーバーレスアプリケーションを作成すると、YAML ファイルを直接修正するよりも合理的で直感的なユーザーインターフェイスが得られます。kn service create コマンドを使用して、基本的なサーバーレスアプリケーションを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされていること。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • OpenShift Container Platform でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションを持つプロジェクトにアクセスできる。

手順

  • Knative サービスを作成します。

    $ kn service create <service_name> --image <image> --tag <tag-value>

    詳細は以下のようになります。

    • --image は、アプリケーションのイメージの URI です。
    • --tag は、サービスで作成される初期リビジョンにタグを追加するために使用できるオプションのフラグです。

      コマンドの例

      $ kn service create event-display \
          --image quay.io/openshift-knative/knative-eventing-sources-event-display:latest

      出力例

      Creating service 'event-display' in namespace 'default':
      
        0.271s The Route is still working to reflect the latest desired specification.
        0.580s Configuration "event-display" is waiting for a Revision to become ready.
        3.857s ...
        3.861s Ingress has not yet been reconciled.
        4.270s Ready to serve.
      
      Service 'event-display' created with latest revision 'event-display-bxshg-1' and URL:
      http://event-display-default.apps-crc.testing

4.4.1.2. Knative CLI を使用したサーバーレスアプリケーションの更新

サービスを段階的に構築する際に、コマンドラインで kn service update コマンドを使用し、対話式のセッションを使用できます。kn service apply コマンドとは対照的に、kn service update コマンドを使用する際は、Knative サービスの完全な設定ではなく、更新が必要な変更のみを指定する必要があります。

コマンドの例

  • 新規の環境変数を追加してサービスを更新します。

    $ kn service update <service_name> --env <key>=<value>
  • 新しいポートを追加してサービスを更新します。

    $ kn service update <service_name> --port 80
  • 新しい要求および制限パラメーターを追加してサービスを更新します。

    $ kn service update <service_name> --request cpu=500m --limit memory=1024Mi --limit cpu=1000m
  • latest タグをリビジョンに割り当てます。

    $ kn service update <service_name> --tag <revision_name>=latest
  • サービスの最新の READY リビジョンについて、testing から staging にタグを更新します。

    $ kn service update <service_name> --untag testing --tag @latest=staging
  • test タグをトラフィックの 10% を受信するリビジョンに追加し、残りのトラフィックをサービスの最新の READY リビジョンに送信します。

    $ kn service update <service_name> --tag <revision_name>=test --traffic test=10,@latest=90

4.4.1.3. サービス宣言の適用

kn service apply コマンドを使用して Knative サービスを宣言的に設定できます。サービスが存在しない場合は、これが作成されますが、それ以外の場合は、既存のサービスが変更されたオプションで更新されます。

kn service apply コマンドは、ユーザーがターゲットの状態を宣言するために単一コマンドでサービスの状態を詳細に指定したい場合など、とくにシェルスクリプトや継続的インテグレーションパイプラインで役に立ちます。

kn service apply を使用する場合は、Knative サービスの詳細な設定を指定する必要があります。これは kn service update コマンドとは異なります。このコマンドでは、更新する必要のあるオプションを指定するだけで済みます。

コマンドの例

  • サービスを作成します。

    $ kn service apply <service_name> --image <image>
  • 環境変数をサービスに追加します。

    $ kn service apply <service_name> --image <image> --env <key>=<value>
  • JSON または YAML ファイルからサービス宣言を読み取ります。

    $ kn service apply <service_name> -f <filename>

4.4.1.4. Knative CLI を使用したサーバーレスアプリケーションの記述

kn service describe コマンドを使用して Knative サービスを記述できます。

コマンドの例

  • サービスを記述します。

    $ kn service describe --verbose <service_name>

    --verbose フラグは任意ですが、さらに詳細な説明を提供するために追加できます。通常の出力と詳細の出力の違いについては、以下の例に示されます。

    --verbose フラグを使用しない出力例

    Name:       hello
    Namespace:  default
    Age:        2m
    URL:        http://hello-default.apps.ocp.example.com
    
    Revisions:
      100%  @latest (hello-00001) [1] (2m)
            Image:  docker.io/openshift/hello-openshift (pinned to aaea76)
    
    Conditions:
      OK TYPE                   AGE REASON
      ++ Ready                   1m
      ++ ConfigurationsReady     1m
      ++ RoutesReady             1m

    --verbose フラグを使用する出力例

    Name:         hello
    Namespace:    default
    Annotations:  serving.knative.dev/creator=system:admin
                  serving.knative.dev/lastModifier=system:admin
    Age:          3m
    URL:          http://hello-default.apps.ocp.example.com
    Cluster:      http://hello.default.svc.cluster.local
    
    Revisions:
      100%  @latest (hello-00001) [1] (3m)
            Image:  docker.io/openshift/hello-openshift (pinned to aaea76)
            Env:    RESPONSE=Hello Serverless!
    
    Conditions:
      OK TYPE                   AGE REASON
      ++ Ready                   3m
      ++ ConfigurationsReady     3m
      ++ RoutesReady             3m

  • サービスを YAML 形式で記述します。

    $ kn service describe <service_name> -o yaml
  • サービスを JSON 形式で記述します。

    $ kn service describe <service_name> -o json
  • サービス URL のみを出力します。

    $ kn service describe <service_name> -o url