Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.7. Red Hat OpenShift Serverless 1.21.0 のリリースノート

OpenShift Serverless 1.21.0 が利用可能になりました。以下では、OpenShift Container Platform 上のOpenShift Serverless に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

1.7.1. 新機能

  • OpenShift Serverless は Knative Serving 1.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Eventing 1.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Kourier 1.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は、Knative (kn) CLI 1.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Kafka 1.0 を使用するようになりました。
  • kn func CLI プラグインは func 0.21 を使用するようになりました。
  • Kafka シンクがテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。
  • Knative オープンソースプロジェクトは、camel-cased 設定キーを廃止し、kebab-cased キーを一貫して使用することを支持し始めました。その結果、OpenShift Serverless 1.18.0 リリースノートで前述した defaultExternalScheme キーは非推奨になり、default-external-scheme キーに置き換えられました。キーの使用方法は同じです。