Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.11. Red Hat OpenShift Serverless 1.17.0 のリリースノート

OpenShift Serverless 1.17.0 が利用可能になりました。以下では、OpenShift Container Platform 上のOpenShift Serverless に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

1.11.1. 新機能

  • OpenShift Serverless は Knative Serving 0.23.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Eventing 0.23.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Kourier 0.23.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative kn CLI 0.23.0 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Kafka 0.23.0 を使用するようになりました。
  • kn func CLI プラグインは func 0.17.0 を使用するようになりました。
  • 今後の OpenShift Serverless 1.19.0 リリースでは、外部ルートの URL スキームはデフォルトで HTTPS になり、セキュリティーが強化されます。

    この変更をワークロードに適用する必要がない場合は、以下の YAML を KnativeServing カスタムリソース (CR) に追加してから 1.19.0 にアップグレードする前にデフォルト設定を上書きできます。

    ...
    spec:
      config:
        network:
          defaultExternalScheme: "http"
    ...
  • mTLS 機能は一般に利用可能 (GA) になりました。
  • kn func を使用して関数を作成すると、Typescript テンプレートが利用できるようになりました。
  • Knative Eventing 0.23.0 で API バージョンへの変更

    • OpenShift Serverless バージョン 1.14.0 で非推奨となった KafkaChannel API の v1alpha1 バージョンが削除されました。設定マップの ChannelTemplateSpec パラメーターにこの古いバージョンの参照が含まれる場合は、これを仕様のこの部分を更新して、正しい API バージョンを使用する必要があります。