15.9. GVFS メタデータの使用

GVFS では、メタデータの保管が、特定ファイルにバインドされた単純なキー/値のペアのセットとして実装されます。そのためユーザーまたはアプリケーションには、アイコンの位置、最後に再生された場所、文書内の位置、マーク、メモなどのランタイム情報用に設計された小規模なデータを保存するためのツールがあります。
ファイルまたはディレクトリーが移動される際は常に、メタデータも適宜移動するため、メタデータはそれぞれのファイルに接続されたままの状態になります。GVFS はすべてのメタデータをプライベートに保存するため、データはマシン上でのみ利用可能になります。ただし、GVFSマウントおよびリムーバブルメディアも追跡対象になります。

注記

リムーバブルメディアは、/media ディレクトリーではなく、/run/media/ にマウントされるようになります。
メタデータを表示し、これを操作するには、以下を使用できます。
  • gvfs-info コマンド
  • gvfs-set-attribute コマンド
  • その他ネイティブ GIO で属性を使用する方法。
以下の例では、カスタムメタデータ属性が設定されています。特定の gvfs-info 呼び出しと、移動または名前変更後のデータ永続性間の違いに注意してください (gvfs-info コマンド出力に留意してください)。

例15.5 カスタムメタデータ属性の設定

$ touch /tmp/myfile
$ gvfs-info -a 'metadata::*' /tmp/myfile
attributes:
$ gvfs-set-attribute -t string /tmp/myfile 'metadata::mynote' 'Please remember to delete this file!'
$ gvfs-info -a 'metadata::*' /tmp/myfile
attributes:
  metadata::mynote: Please remember to delete this file!
$ gvfs-move /tmp/myfile /tmp/newfile
$ gvfs-info -a 'metadata::*' /tmp/newfile
attributes:
  metadata::mynote: Please remember to delete this file!