第7章 gnome-session

gnome-session プログラムも Red Hat Enterprise Linux 7 で更新されています。このプログラムはこれまでと同じ方法で GNOME デスクトップを起動しますが、そのコンポーネントの一部は変更されました。
gnome-session-properties
gnome-session-properties アプリケーションは依然として gnome-session パッケージの一部です。ただし、その機能は個々のユーザーの起動プログラムを管理したり、ログアウト時に現在実行中のアプリケーションを保存することに制限されています。後者の機能については Red Hat Enterprise Linux 6 の機能が保持されています。
名前付きセッション
Save now ボタンで特定の時間にセッションを保存したり、セッションに名前を付けることができます。保存されたセッションはログイン時に復元されます。gnome-session-propertiesログアウト時に実行中のアプリケーションを自動的に記憶しておく をクリックすると、保存されたアプリケーションの一覧もログイン時に表示されます。
この更新により、複数のレイアウトを作成したり、それらの名前を変更したり、1 つのユーザーアカウントに対して複数のユーザーセッションを選択することも可能になりました。

詳細情報の入手

セッション管理の詳細は、14章セッション管理 を参照してください。
すべてのユーザー用に起動 (自動起動) アプリケーションを管理する方法については、「全ユーザー用の自動起動アプリケーションの追加」 を参照してください。