第5章 GDM

GDM とは GNOME ディスプレイマネージャー のことであり、グラフィカルログイン環境を提供します。GNOME 2 から GNOME 3 に切り替えた後は、他の init システムがサポートされなくなったため、GDM の設定は systemd によってのみ実行できます。
gdm パッケージ
gdm パッケージが、X Window System のレガシーのディスプレイログインマネージャーを提供した xorg-x11-xdm の代わりとなりました。前述のように、gdm パッケージは、起動、ログアウトのすぐ後やユーザーの切り替え時に表示されるグラフィカルログイン画面を提供します。
GDM および logind
GDM では、ユーザーの定義および追跡を行うために logind が使用されるようになりました。詳細は、2章logind を参照してください。システム管理者は /etc/gdm/custom.conf の GDM カスタム設定ファイルに、自動ログインを手動でセットアップすることもできます。
custom.conf
GDM 設定は /etc/gdm/custom.conf で参照できるようになりました。後方互換性のために /etc/gdm/gdm.conf が見つかる場合は、これが custom.conf の代わりに使用されます。アップグレード時には、古い gdm.conf ファイルを削除し、すべてのカスタム設定を custom.conf に移行することをお勧めします。

詳細情報の入手

GDM についての詳細は、「GDM とは」 を参照してください。
ユーザーセッションの設定および管理についての詳細は、「ユーザーセッション」 を参照してください。
ログイン画面の外観のカスタマイズについての詳細は、「ログイン画面のカスタマイズ」 を参照してください。