13.3. Compose キーの有効化

Compose キー は、キーボードにはない特殊記号や文字を入力できるようにする機能です。GNOME デスクトップでは、キーボード上の既存のキーのいずれかを Compose キー として定義できます。Compose キー と Compose キーシーケンスとして知られる他のキーを併用して、頻繁に入力する特殊文字を入力することができます。

例13.1 Compose キーの使用

Compose キー を押し、これをリリースしてから AE (大文字) を入力すると「Æ」を取得できます。これを小文字で入力すると「æ」を取得できます。
Compose キー を有効にし、キーボード上の特定のキーを Compose キー として設定するには、org.gnome.desktop.input-sources.xkb-options GSettings キーを設定します。これで設定はシステム上のすべてのユーザー用にデフォルトで有効にされます。(GSettings キーの詳細は、「GSettings キーのプロパティー」 を参照してください。)

手順13.3 Compose キーとして右側の Alt キーを設定

  1. マシン全体の設定の local データベースを /etc/dconf/db/local.d/00-input-sources に作成します。
    [org/gnome/desktop/input-sources]
    # Set the Right Alt key as the Compose key and enable it
    xkb-options=['compose:ralt']
    右側の Alt とは異なるキーを設定する必要がある場合、raltxkeyboard-config(7) man ページの 『Compose key position』 セクションに指定されている キーの名前に置き換えます。
  2. ユーザーの設定を上書きし、ユーザーが /etc/dconf/db/local.d/locks/input-sourcesで設定を変更できないようにします。
    # Lock the list of enabled XKB options
    /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options
  3. 変更を有効にするには、システムデータベースを更新します。
    # dconf update
  4. ユーザーは、システム全体の設定が有効になる前にログアウトしてから再度ログインする必要があります。
これで、右側の Alt キーを Compose キー として使用することができます。Compose キー を押し、これをリリースしてからキーの組み合わせを使用し、特定の記号を取得します。

注記

システム管理者としてローカルデータベースの編集後にロックを設定する場合、ユーザーは他の xkb オプションを追加することはできません。ロックにより、ユーザーは Alt+Shift などのキーの組み合わせを設定してキーボードのレイアウトを切り替えることができなくなります。