9.6. GSettings キーのプロパティー

GSettings キーは dconf データベースに 1 回のみ設定できます。同じキーを dconf データベースの複数の異なる場所の異なる値に設定する場合、それらの値の内の 1 つのみが有効になります。つまり、1 つのキー設定が別の設定で上書きされます。
dconf システムデータベースでは、それぞれのキーに 1 つの値のみを持たせることができます。一部のキーに複数の値がある場合、配列タイプという値のタイプが使用されています。この値タイプでは、値を複数要素のコンマ区切りの一覧として指定できます。以下は、配列値の例になります。
key=['option1', 'option2']

例9.3 org.gnome.desktop.input-sources.xkb-options GSettings キー

org.gnome.desktop.input-sources.xkb-options GSettings キーを設定すると、以下のようになります。これは 1 回のみ設定できるため、値に 2 つの要素が必要な場合、それらを同じ設定ファイルに指定する必要があります。この値は配列タイプであるため、これには複数の要素を持たせることができます。
[org/gnome/desktop/input-sources]
# Enable Ctrl-Alt-Backspace for all users
# Set the Right Alt key as the Compose key and enable it
xkb-options=['terminate:ctrl_alt_bksp', 'compose:ralt']