9.7. NFS でのユーザー設定の保存

ネットワークファイルシステム (NFS) ホームディレクトリーを使用する際に dconf が正常に機能するようにするには、dconf キーファイルバックエンド を使用する必要があります。
dconf キーファイルバックエンド を使用する場合は、glib2-fam パッケージがシステム上にインストールされている必要があることに注意してください。そうでない場合は、リモートマシンに対する設定変更についての通知は適切に機能しません。

手順9.1 dconf キーファイルバックエンドの設定

  1. glib2-fam パッケージがシステム上にインストールされていることを確認します。
    1. システムを Optional チャンネルにサブスクライブさせる必要があります。システムを Optional チャンネルにサブスクライブさせる方法は、「Red Hat Subscription Management (RHSM) を使用して、オプショナルチャンネル、サブチャンネル、-devel パッケージにアクセスする」 を参照してください。
    2. 以下のコマンドを実行して glib2-fam パッケージをインストールします。
      # yum install glib2-fam
  2. すべてのクライアントで /etc/dconf/profile/user ファイルを作成または編集します。
  3. このファイルの先頭に、以下の行を追加します。
    service-db:keyfile/user
dconf キーファイルバックエンド はユーザーの次回のログイン時に有効になります。これは更新が行われたかどうかを判別するためにキーファイルをポーリングするため、設定がすぐに更新されない場合があります。