第3章 GSettings および dconf

Red Hat Enterprise Linux 7 における主要な変更の 1 つは、GConf (ユーザー設定を保存) から GSettings の高レベルな設定システムと dconf バックエンドの組み合わせへの切り替えにあります。
GConf
前述のように、GConf 設定システムは以下の 2 つのシステムに置き換わりました。
  • GSettings API
  • dconf バックエンド: 単一のコンパクトなバイナリー形式でシステムのハードウェアおよびソフトウェア設定の詳細を収集する低レベルな設定システムおよびプログラムとして機能します。
gsettings コマンドラインツールおよび dconf ユーティリティーはどちらもユーザー設定を表示し、変更するために使用されます。gsettings ユーティリティーは端末でこれらを直接実行し、dconf ユーティリティーは設定データベースを編集するために dconf-editor GUI を使用します。dconf-editor および gsettings ユーティリティーの詳細は、9章GSettings および dconf を使用したデスクトップの設定 を参照してください。
gconftool
gconftool-2 ツールは gsettings および dconf に置き換わりました。同様に、gconf-editordconf-editor に置き換わりました。
上書き
キーファイル の概念が Red Hat Enterprise Linux 7 で導入されました。dconf ユーティリティーにより、システム管理者は デフォルトの上書き を直接インストールして、デフォルト設定を上書きできるようになりました。たとえば、すべてのユーザー用にデフォルトの背景を設定するには、/etc/dconf/db/local.d/) などのキーファイルディレクトリー内のキーファイルに置かれる dconf 上書きを使用して実行できるようになりました。デフォルト値と上書きについての詳細は、「カスタムデフォルト値の設定」 を参照してください。
設定のロック
dconf システムを使って、個別設定や設定全体のサブパスをユーザーがカスタマイズできないようにロックダウンできるようになりました。設定のロック方法についての詳細は、「特定の設定のロックダウン」 を参照してください。
NFS および dconf
NFS で共有されるホームディレクトリー上で dconf ユーティリティーを使用するには、追加の設定が必要です。このトピックの詳細は、「NFS でのユーザー設定の保存」 を参照してください。

詳細情報の入手

ユーザー設定を行うために GSettings および dconf を使用する方法についての詳細は、9章GSettings および dconf を使用したデスクトップの設定 を参照してください。