4.3. スクリプトでの権限の検査

プロセスが操作について承認されているかどうかを検査する pkcheck ユーティリティーが、--process オプションで指定されるパラメーターの新しい形式をサポートするようになりました。これにより、競合状態を回避し、pkcheck をより安全に実行できるようになります。新規の形式は以下のようになります。
$ pkcheck --process pid,start-time,uid 

重要

--process オプションには、pid または pid,start-time のみの形式を使用しないでください。pkcheck を起動するすべてのスクリプトでは、競合状態を避けるために pid,start-time,uid の新規の形式を使用する必要があります。
詳細は、pkcheck(1) man ページを参照してください。