10.4. ログイン画面のカスタマイズ

GNOME ログイン画面には、カスタマイズできるいくつかの要素が含まれています。これらはシステム管理者のみが変更でき、この変更はすべてのユーザーに影響を及ぼします。このセクションでは、Greeter テキスト、キーボードのレイアウト、およびユーザー一覧をカスタマイズする方法を説明します。

10.4.2. テキストバナーの表示

ログイン画面のテキストバナーは、以下の GSettings キーによって制御されます (GSettings の詳細は、9章GSettings および dconf を使用したデスクトップの設定 を参照してください)。
org.gnome.login-screen.banner-message-enable
バナーメッセージの表示を有効にします。
org.gnome.login-screen.banner-message-text
ログイン画面にテキストバナーのメッセージを表示します。
GDM は独自の dconf プロファイルを使用するため、そのプロファイルの設定を変更することにより、テキストバナーを設定できます。

手順10.7 ログイン画面上のテキストバナーの表示

  1. /etc/dconf/profile/gdm 内に gdm プロファイルを作成し、以下の行を含めます。
    user-db:user
    system-db:gdm
    file-db:/usr/share/gdm/greeter-dconf-defaults
    gdmdconf データベースの名前になります。
  2. /etc/dconf/db/gdm.d/01-banner-message にマシン全体の設定の gdm データベースを作成します。
    [org/gnome/login-screen]
    banner-message-enable=true
    banner-message-text='Type the banner message here'

    注記

    バナーメッセージには文字数の制限はありません。GNOME Shell は長いテキストを自動検出して、2 行にします。ただし、バナーメッセージのテキストを外部ファイルから読み取ることはできません。
  3. システムデータベースを更新します。
    # dconf update
バナーテキストはユーザーリストから選択した場合やボックスへの入力を開始する際に表示されます。次回のログイン時にパスワードを挿入するとテキストが表示されます。

10.4.2.1. バナーメッセージが更新されなかったら?

バナーメッセージが表示されない場合は、dconf update コマンドを実行していることを確認します。
バナーメッセージが更新されない場合は、GDM の再起動を試行します。詳細は、「GDM の再起動」 を参照してください。

10.4.3. 複数のキーボードレイアウトの表示

ユーザーがログイン画面で選択できる代替キーボードのレイアウトは追加することができます。
これは、通常デフォルトとは異なるキーボードのレイアウトを使用するユーザーや、ログイン画面でキーボードの複数レイアウトを利用可能にしておく必要のあるユーザーにとって役立ちます。ただし、この選択はログイン画面の使用時のみに適用されます。いったんログインすると、ユーザー独自の設定が優先されます。

手順10.8 システムのキーボードレイアウト設定の変更

  1. ! layout という名前のセクションの下にある /usr/share/X11/xkb/rules/base.lst ファイルで、必要な言語レイアウトのコードを見つけます。
  2. 以下のように localectl ツールを使用して、システムのキーボードレイアウト設定を変更します。
    $ localectl set-x11-keymap layout
    コンマ区切りの一覧で複数のレイアウトを指定することができます。たとえば、es をデフォルトレイアウトとして、さらに us を 2 番目のレイアウトとして設定するには、以下のコマンドを実行します。
    $ localectl set-x11-keymap es,us
  3. ログアウトし、定義されたレイアウトがログイン画面のトップバーで利用可能な状態にあることを確認します。
さらに、localectl ツールを使用してマシン全体のデフォルトのキーボードモデル、バリアントおよびオプションを指定できる点にも注意してください。詳細は、localectl(1) man ページを参照してください。

10.4.4. ログイン画面ユーザー一覧の無効化

org.gnome.login-screen.disable-user-list GSettings キーを設定してログイン画面に表示されるユーザー一覧を無効にすることができます。
ユーザー一覧が無効にされている場合、ユーザーはログインのプロンプト時にユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

手順10.9 org.gnome.login-screen.disable-user-list キーの設定

  1. /etc/dconf/profile/gdm 内に gdm プロファイルを作成し、以下の行を含めます。
    user-db:user
    system-db:gdm
    file-db:/usr/share/gdm/greeter-dconf-defaults
    gdmdconf データベースの名前になります。
  2. /etc/dconf/db/gdm.d/00-login-screen にマシン全体の設定の gdm データベースを作成します。
    [org/gnome/login-screen]
    # Do not show the user list
    disable-user-list=true
  3. dconf ユーティリティーを更新してシステムデータベースを更新します。
    # dconf update