13.5. 印刷のロックダウン

印刷ダイアログは、ユーザーに表示されないように無効にすることができます。これは、ユーザーに一時的なアクセスを提供する場合やユーザーがネットワークプリンターに印刷できないようにする場合に役立ちます。

重要

この機能は、この機能をサポートするアプリケーションでのみ機能します。すべての GNOME およびサードパーティーアプリケーションでこの機能が有効にされる訳ではありません。この機能をサポートしないアプリケーションには、これらの変更による影響はありません。
org.gnome.desktop.lockdown.disable-printing キーをロックダウンすることにより、アプリケーションが印刷することを防ぎます。以下の手順に従います。

手順13.5 org.gnome.desktop.lockdown.disable-printing キーのロックダウン

  1. ユーザープロファイルがない場合、これを作成します (/etc/dconf/profile/user)。
    user-db:user
    system-db:local
  2. マシン全体の設定の local データベースを etc/dconf/db/local.d/00-lockdown に作成します。
    [org/gnome/desktop/lockdown]
      
    # Prevent applications from printing
    disable-printing=true
  3. ユーザーの設定を上書きし、ユーザーが /etc/dconf/db/local.d/locks/lockdown で設定を変更できないようにします。
    # List the keys used to configure lockdown
    /org/gnome/desktop/lockdown/disable-printing
  4. 以下を実行してシステムデータベースを更新します。
    # dconf update
これらのステップの実行後は、このロックダウンキーをサポートするアプリケーションは印刷を無効にします。これらのアプリケーションには、EvolutionEvinceEye of GNOMEEpiphany、および Gedit があります。