15.7. GVFS マウントのパスワード管理

通常の GVFS マウントは、リソースが匿名の認証を許可しない場合、あるいは認証を全く必要としない場合を除き、そのアクティブ化時に資格情報を要求します。標準の GTK+ ダイアログに表示されるため、ユーザーはパスワードを保存するかどうかを選択することができます。

手順15.5 例: 認証されたマウントプロセス

  1. ファイル を開き、Ctrl+L を押してアドレスバーをアクティブ化します。
  2. 認証の必要なサービスの整形式の URI 文字列を入力します (例: sftp://localhost/)。
  3. 資格情報ダイアログが表示され、ユーザー名、パスワードおよびパスワード保存オプションが尋ねられます。
  4. 資格情報を入力して確認します。
永続的な保管が選択される場合、パスワードはユーザーのキーリングに保存されます。GNOME キーリング は秘密鍵を保管するための一元的な場所になります。これは、ログイン時にデフォルトで提供されるパスワードを使用してデスクトップのセッション開始時に暗号化され、自動的にロック解除されます。これが異なるパスワードで保護される場合、パスワードは初回の使用時に設定されます。
Seahorse アプリケーションは、保存されるパスワードおよび GNOME キーリング 自体を管理するために提供されます。このアプリケーションでは、個々のレコードを削除したり、パスワードを変更したりすることができます。Seahorse の詳細は、デスクトップに直接組み込まれた Seahorse のヘルプマニュアルを参照してください。