15.2. GVFS のバックエンド

GVFS には数多くのバックエンドがあり、これらは特定タイプのリソースへのアクセスを提供します。以下は、利用可能な GVFS バックエンドおよびそれらの仕様の一覧です。

表15.1 利用可能なバックエンド

バックエンド説明
afcMTP (メディア転送プロトコル) と同様。ファイルを Apple iDevice で表示します (USB 経由で接続)。
afpMac オペレーションシステム X およびオリジナルの Mac オペレーションシステムのファイルサービスにアクセスする Apple Filing Protocol (AFP) クライアント。
archive読み取り専用で各種のアーカイブファイル (ZIP、TAR) を処理します。
burn新規の CD/DVD/BD メディアコンテンツの一時ストレージとしてアプリケーションを書き込んで使用される仮想バックエンド。
cdda別個の Waveform オーディオファイル形式 (WAV) ファイルでオーディオ CD を表示します。
computerアクティブなマウントおよび物理ボリュームを整理する仮想バックエンド。signpost と同様の方法で機能します。以前は コンピュータ ビュー用に Nautilus によって使用されていました。
dav、davsセキュアなバリアントを含む WebDAV クライアント。認証はマウント時にのみ可能であり、後で実行されるフォルダーごとの再認証はサポートしません。
dns-sdネットワークの参照時に使用される DNS Service Discovery – Avahi クライアント。検出されたサービスに対する永続的な URI を形成します。
ftp当面の間は FTPS サポートのない、全機能が搭載された FTP (ファイル転送プロトコル) クライアント。デフォルトではパッシブ転送をサポートします。
gphoto2USB または FireWire 経由で割り当てられたカメラにアクセスする画像転送プロトコル (PTP) クライアント。
httpすべての HTTP 要求を処理します。クライアントアプリケーションの Web からファイルを簡単にダウンロードできます。
locatest単純なテストバックエンドプロキシーファイル:/// URI(エラー挿入サポートあり)。
mtpメディアプレーヤーおよびスマートフォンのメモリーにアクセスするためのメディア転送プロトコルバックエンド。
networkネットワークのブラウズ用。周辺の Avahi および Samba サーバーを表示。
obexftpBluetooth クライアント。
recentGNOME アプリケーションで使用される最近のファイルを一覧表示するために GtkFileChooser で使用されるバックエンド。
sftp完全機能搭載の SFTP (SSH ファイル転送プロトコル) クライアント。
smbSamba および Windows 共有にアクセス。
trash削除されたファイルの復元を可能にする trash バックエンド。

注記

一部のバックエンドは別個にパッケージ化され、デフォルトではインストールされません。追加のバックエンドのインストールについては、yum パッケージマネージャーを使用します。
バックエンドのサービスを使用するには、URI 文字列を形成する必要があります。この文字列は GVFS で使用される基本的な識別子であり、これはサービスのタイプ (バックエンド ID)、絶対パスおよび必要な場合はユーザー名など、固有の識別に必要なすべての情報を提供します。この情報は、 Nautilus アドレスバーおよび GTK+ のファイルのオープンおよび保存ダイアログで確認できます。
以下の例は、URI 文字列の非常に基本的な形式であり、ftp.myserver.net ドメインで実行される FTP (ファイル転送プロトコル) サーバーの root ディレクトリー (/) を参照しています。

例15.1 root ディレクトリーを参照する URI 文字列

ftp://ftp.myserver.net/
以下の例では、認証を使用して指定されたパスのテキストファイルを参照しています。

例15.2 テキストファイルを参照する URI 文字列

ssh://joe@ftp.myserver.net/home/joe/todo.txt