Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.11. グラフィカルターゲットモードで電源ボタンを押した際の動作の変更

マシンをグラフィカルログイン画面またはユーザーセッションで起動した時に 電源 ボタンを押すと、デフォルトでマシンがサスペンドされます。これはユーザーが物理的に 電源 ボタンを押した場合と、リモートコンソールから仮想の 電源 ボタンを押した場合の両方で起きます。電源 ボタンを押した際の動作を別のものにするには、dconf でこのボタンの機能を設定します。
たとえば、電源 ボタンを押した後にシステムをシャットダウンする場合は、以下の手順を実行します。

手順13.11 dconf を使用して、電源 ボタンを押した後にシャットダウンするようにシステムを設定します。

  1. システム全体の設定用の local データベースを /etc/dconf/db/local.d/01-power に作成します。
    [org/gnome/settings-daemon/plugins/power]
    power-button-action='interactive'
    
  2. ユーザーの設定を上書きし、ユーザーが /etc/dconf/db/local.d/01-power ファイルで設定を変更できないようにします。
    /org/gnome/settings-daemon/plugins/power/power-button-action
    
  3. システムデータベースを更新します。
    # dconf update
  4. システム全体の設定に変更を適用するために、一度ログアウトしてログインし直す必要があります。
この設定では、電源 ボタンを押すとシステムがシャットダウンします。システム動作の設定を変更するには、特定のボタンの動作を設定します。

特定ボタンのオプション

nothing
何も実行しません。
suspend
システムをサスペンドします。
hibernate
システムを休止状態にします。
interactive
何を実行するかをユーザーに質問するポップアップクエリーを表示します。
対話モードでは、電源ボタンを押すと、60 秒後に自動的にシステムの電源がオフになります。
ただし、次の図のように、ポップアップクエリーとは別の動作を選択できます。

図13.2 対話モードのポップアップクエリー

対話モードのポップアップクエリー