9.4. dconf プロファイルとは

プロファイルとは、dconf システムが収集するシステムのハードウェアおよびソフトウェア設定データベースの一覧です。dconf プロファイルを使って、ハードウェアおよびソフトウェアの問題をトラブルシューティングするために同一のシステムを比較することができます。
dconf システムはそのプロファイルをテキストファイルに保存します。$DCONF_PROFILE 環境変数で /etc/dconf/profile/ ディレクトリーからファイルへの相対パスを指定することも、ユーザーのホームディレクトリーの場合のように絶対パスを指定することもできます。
dconf プロファイル で設定されるキーのペアは、設定した値に関連する問題がない限り、デフォルト設定を上書きします。

9.4.1. dconf プロファイルの選択

起動時に、dconf は変数が設定されているかどうかについて $DCONF_PROFILE 環境変数を参照します。変数が設定されている場合は、dconf は名前付きプロファイルを開くことを試行し、このステップが失敗する場合は中止します。
環境変数が設定されていない限り、dconfuser という名前のプロファイルを開くことを試行します。このステップが依然として失敗する場合、dconf は内部に組み込まれた設定に戻します。
プロファイルの各行は 1 つの dconf データベースを指定します。最初の行は変更を書き込むために使用されるデータベースを示し、残りの行は読み取り専用データベースを表示しています。以下は、/etc/dconf/profile/user に保存されるサンプルプロファイルです。
user-db:user
system-db:local
system-db:site
このサンプルプロファイルは次の 3 つのデータベースを指定します: user は通常 ~/.config/dconf にあるユーザーデータベースの名前で、local および site/etc/dconf/db/ にあるシステムデータベースです。

重要

セッションの dconf プロファイルはログイン時に判別されるため、ユーザーはログアウトしてからログインし、新規の dconf ユーザープロファイルをセッションに適用する必要があります。