15.8. GNOME における GVFS ツールおよび xdg-utils

GVFS は、スクリプト作成またはテストに役立つ可能性のあるいくつかのコマンドと共に出荷されます。POSIX コマンドに相当するコマンドのセットが提供されます。
  • gvfs-cat
  • gvfs-less
  • gvfs-mkdir
  • gvfs-mount
  • gvfs-rename
  • gvfs-set-attribute
  • gvfs-copy
  • gvfs-ls
  • gvfs-move
  • gvfs-rm
  • gvfs-trash
  • gvfs-info
  • gvfs-save
  • gvfs-tree
さらに、追加のコマンドが GVFS 固有の要素の制御を強化するために提供されます。
  • gvfs-monitor-dir
  • gvfs-monitor-file
  • gvfs-mime
  • gvfs-open
これらのすべてのコマンドはネイティブの GIO クライアントであり、フォールバック FUSE デーモンが実行されている必要はありません。これらを POSIX コマンドのドロップイン置き換えにすることは意図されておらず、実際にはサポートされている切り替えの範囲は非常に限られています。基本的な形態として、URI 文字列 (ローカルパスの代わり) が引数として取られます。
さらに GNOME は xdg-tools (freedesktop.org 相互運用性プロジェクト) 内で十分にサポートされるようになります。たとえば、よく使用される xdg-open は、実行中の GNOME セッションが検出されると gvfs-open を実際に呼び出し、正しい場所からファイルタイプの関連付けを読み取ります。
以下は、GVFS コマンドのいくつかの使用例です。
  • ローカルファイルシステムの /tmp にあるすべてのファイルを一覧表示するには、以下を実行します。
      $ gvfs-ls file:///tmp
  • 以下のコマンドは、リモートマシンからテキストファイルの内容を一覧表示します。
      $ gvfs-cat ssh://joe@ftp.myserver.net/home/joe/todo.txt
  • 参照されるテキストファイルをローカルの /tmp ディレクトリーにコピーするには、以下を実行します。
      $ gvfs-copy ssh://joe@ftp.myserver.net/home/joe/todo.txt /tmp/

注記

ユーザーの利便性を図るために、bash の補完機能がパッケージの一部として提供されます。