10.3. Plymouth

Plymouth は、Red Hat Enterprise Linux 7 のグラフィカルなブートシステムおよびロガーであり、カーネルベースモード設定 (KMS) およびダイレクトレンダリングマネージャー (DRM) を使用します。さらに Plymouth は起動時のユーザー操作を処理します。
起動画面の外観は、各種の静的または動的なグラフィカルテーマを選択してカスタマイズできます。新規のテーマは既存のテーマをベースにして作成することができます。

10.3.1. テーマのブランド化

Plymouth は、テーマデータファイルとコンパイルされた スプラッシュプラグインモジュール から構成されます。データファイルには .plymouth という拡張子が付き、このファイルは /usr/share/plymouth/themes/ ディレクトリーにインストールされます。
設定データは、キーと値の形式で [Plymouth Theme] セクションに指定されます。グループの有効なキーは、NameDescription、および ModuleName です。最初の 2 つのキーは説明を要さない自明のキーですが、3 つ目は Plymouth スプラッシュプラグインモジュールの名前を指定します。複数の異なるプラグインが起動時に異なるアニメーションと各種テーマの基礎となる実装を提供します。

例10.2 サンプル .plymouth ファイル

[Plymouth Theme]
Name=Charge
Description=A theme that features the shadowy hull of my logo charge up and finally burst into full form.
ModuleName=two-step

手順10.3 Plymouth テーマの変更

  1. 既存の Plymouth テーマを検索し、最も適切なテーマを選択します。以下のコマンドを実行します。
    # yum search plymouth-theme
    または、plymouth-set-default-theme --list コマンドを実行して、インストールされたテーマを表示します。
    すべての plymouth パッケージのインストール時にすべてのテーマをインストールすることもできます。ただし、これは不必要なパッケージを数多くインストールすることにもなります。
    # yum install plymouth\*
  2. plymouth-set-default-theme theme_name コマンドで、新規テーマをデフォルトとして設定します。

    例10.3 デフォルトテーマとしての「spinfinity」の設定

    spinfinity テーマを選択してから、以下を実行します。
    # plymouth-set-default-theme spinfinity
  3. 編集後に initrd デーモンを再構築します。そうしないと、選択したテーマは起動画面に表示されません。以下を実行してこれを実行します。
    # dracut -f

10.3.2. 新規 Plymouth テーマの作成

所定のテーマ一覧から選択せずに、独自のテーマを作成することができます。最も簡単な方法は、既存テーマをコピーし、これを変更する方法です。

手順10.4 既存テーマから独自テーマを作成

  1. plymouth/ ディレクトリーのコンテンツ全体をコピーします。テンプレートディレクトリーとして、たとえば Red Hat Enterprise Linux 7 のデフォルトのテーマである /usr/share/plymouth/themes/charge/charge.plymouth を使用します。このテーマは two-step スプラッシュプラグインを使用します (two-step は人気のあるブートローダー機能です。2 段階のブートプロセスのうち最初のものが起動時に同期してアニメーションの進捗状況を表示し、終了時に単発の短いアニメーションが表示されます)。
    [Plymouth Theme]
    Name=Charge
    Description=A theme that features the shadowy hull of my logo charge up and finally burst into full form.
    ModuleName=two-step
    
    [two-step]
    ImageDir=/usr/share/plymouth/themes/charge
    HorizontalAlignment=.5
    VerticalAlignment=.5
    Transition=none
    TransitionDuration=0.0
    BackgroundStartColor=0x202020
    BackgroundEndColor=0x202020
  2. charge.plymouth ファイルに以下の形式の新しい名前を付け、/usr/share/plymouth/themes/newtheme/ ディレクトリーに保存します。
    newtheme.plymouth
  3. /usr/share/plymouth/themes/newtheme/newtheme.plymouth ファイルの設定内容をそれぞれの設定に応じて更新し、色、配置または切り替えを変更します。
  4. 以下のコマンドを実行して newtheme をデフォルトとして設定します。
    # plymouth-set-default-theme newtheme
  5. 以下のコマンドを実行し、テーマの変更後に initrd デーモンを再構築します。
    # dracut -f

10.3.2.1. ブランド化されたロゴの使用

一部のプラグインはスプラッシュアニメーションの一部としてブランド化されたロゴを表示します。独自のロゴをテーマに追加する必要がある場合、以下の短い手順に従ってください。

重要

ブランド化されたロゴの画像形式は .png 形式でなければならないことに注意してください。

手順10.5 ログのテーマへの追加

  1. 独自のロゴを使って logo.png という名前の画像ファイルを作成します。
  2. ステップ 1 で作成した logo.png 画像ファイルを含むディレクトリーを参照するように ImageDir キーを更新し、/usr/share/plymouth/themes/newtheme.plymouth ファイルを編集します。
    ImageDir=/usr/share/plymouth/themes/newtheme
Plymouth についての詳細は、plymouth(8) man ページを参照してください。