1.3. GNOME クラシックとは

GNOME クラシックは従来のデスクトップエクスペリエンスを好むユーザー向けの GNOME Shell 機能およびモードです。GNOME クラシックは GNOME 3 テクノロジーをベースとしており、ユーザーインターフェースには多くの変更が加えられています。
アプリケーション および 場所 メニュー
アプリケーション メニューは画面の左上に表示されます。ここからユーザーはカテゴリー別に編成されたアプリケーションにアクセスできます。またユーザーは、このメニューから アクティビティ画面 を開くことができます。
場所 メニューは トップバーアプリケーション メニューの横に表示されます。ユーザーはここから ダウンロード または 画像 などの重要なフォルダーに簡単にアクセスできます。
タスクバー
タスクバーは画面の一番下に表示されます。以下の機能が含まれます。
  • ウィンドウリスト
  • ウィンドウリストの横に表示される通知アイコン。
  • 通知アイコンの横に表示される現在のワークスペースの短い識別子および利用可能なワークスペースの合計数。
4 つの使用可能なワークスペース
GNOME クラシックでは、ユーザーが利用できるワークスペースの数はデフォルトで 4 に設定されています。
最小化および最大化ボタン
GNOME クラシックのウィンドウのタイトルバーは、ユーザーがウィンドウをウィンドウリストに対して簡単に最小化したり、デスクトップ上のすべてのスペースを占めるようにウィンドウを最大化したりすることを可能にする最小化ボタンおよび最大化ボタンを特長としています。
従来の Super+Tab によるウィンドウ切り替え
GNOME クラシックでは、Super+Tab ウィンドウスイッチャーを使用して表示されるウィンドウはアプリケーションごとにグループ化されません。
システムメニュー
システムメニュー は右上にあります。このメニューからは、設定の更新や Wi-Fi 接続情報の確認、ユーザーの切り替え、コンピューターのシャットダウンなどができます。
「電卓」アプリケーションおよび「アプリケーション」メニューに「アクセサリ」サブメニューのある GNOME クラシック

図1.2 「電卓」アプリケーションおよび「アプリケーション」メニューに「アクセサリ」サブメニューのある GNOME クラシック

1.3.1. GNOME クラシックの拡張機能

GNOME クラシックは GNOME Shell 拡張機能 のセットとして配布されます。GNOME クラシック拡張機能は、GNOME クラシックセッションの実行に必要なコンポーネントを提供する gnome-classic-session パッケージの依存パッケージとしてインストールされます。GNOME クラシック拡張機能は Red Hat Enterprise Linux 7 でデフォルトで有効にされるため、GNOME クラシックは Red Hat Enterprise Linux 7 のデフォルトデスクトップユーザーインターフェースになります。
  • AlternateTab (alternate-tab@gnome-shell-extensions.gcampax.github.com)
  • アプリケーションメニュー (apps-menu@gnome-shell-extensions.gcampax.github.com)
  • 新規インスタンスの起動 (launch-new-instance@gnome-shell-extensions.gcampax.github.com)
  • Places Status Indicator (places-menu@gnome-shell-extensions.gcampax.github.com)
  • ウィンドウリスト (window-list@gnome-shell-extensions.gcampax.github.com)

1.3.2. GNOME クラシックと GNOME 間の切り替え

ユーザーは サインイン の横にある歯車をクリックしてログアウトすることで、GNOME クラシックから GNOME に切り替えることができます。歯車からドロップダウンメニューが開かれ、GNOME クラシックを選択することができます。
ユーザーセッション内で GNOME クラシックから GNOME に切り替えるには、以下のコマンドを実行します。
$ gnome-shell --mode=user -r &
同じユーザーセッション内で GNOME クラシックに戻すには、以下のコマンドを実行します。
$ gnome-shell --mode=classic -r &

1.3.3. デフォルトセッションとしての GNOME クラシックを無効にする

Red Hat Enterprise Linux 7 上で新たに作成されるすべてのユーザーについては、GNOME クラシックはデフォルトセッションとして設定されます。特定ユーザーの設定を上書きするには、/var/lib/AccountsService/users/username ファイルでユーザーのアカウントサービスを変更する必要があります。これを実行する方法の詳細は、「ユーザーデフォルトセッションの設定」 を参照してください。

詳細情報の入手

ユーザーは、gnome-user-docs パッケージで提供される GNOME ヘルプで GNOME 3、GNOME Shell、または GNOME クラシックの使用に関する詳細情報を参照できます。GNOME ヘルプにアクセスするには、Super キーを押して アクティビティ画面 に入り、help と入力してから Enter を押します。