第1章 GNOME 3 デスクトップの紹介

1.1. GNOME 3 とは

GNOME 3 は Red Hat Enterprise Linux 7 のデフォルトのデスクトップ環境です。GNOME 3 は GNOME デスクトップの次期メジャーバージョンであり、新たなユーザーインターフェースを導入すると共に、Red Hat Enterprise Linux 5 および 6 に同梱されている以前のバージョンの GNOME 2 デスクトップに大幅な機能改善を加えています。
GNOME 3 デスクトップ (GNOME クラシック)

図1.1 GNOME 3 デスクトップ (GNOME クラシック)

GNOME 3 は、生産性向上を重視した作業環境を提供します。強力な検索機能を使用して 1 つの場所からユーザーのすべての作業にアクセスすることができます。たとえば、手持ちのタスクに集中する必要のある場合は通知機能をオフにすることができます。GNOME 3 は数多くの強力なコンポーネントの上に構築されています。
GNOME Shell
GNOME Shell は最新かつ直感的なグラフィカルユーザーインターフェースです。これは、視覚効果およびハードウェアアクセラレーションサポートを含む⾼品質のユーザーエクスペリエンスを提供します。詳細は、「GNOME Shell とは」 を参照してください。
GNOME クラシック
GNOME クラシックは新旧機能を組み合わせたものであり、GNOME 2 の慣れ親しんだルックアンドフィールを維持しつつ GNOME Shell の強力な新機能と 3-D 機能を提供します。GNOME クラシックは Red Hat Enterprise Linux 7 におけるデフォルトの GNOME セッションおよび GNOME Shell モードです。詳細は、「GNOME クラシックとは」 のセクションを参照してください。
GSettings
GSettings は、古い GNOME バージョンの GConf に置き換わる設定の保存システムです。GConf から GSettings への切り替えについての詳細は、3章GSettings および dconf を参照してください。GSettings を使用したデスクトップ設定についての詳細は、9章GSettings および dconf を使用したデスクトップの設定 を参照してください。
GVFS
GVFS は完全な仮想ファイルシステムインフラストラクチャーを提供し、GNOME デスクトップのストレージを扱います。GVFS により、GNOME 3 はオンラインドキュメント保存サービス、カレンダーおよび連絡先一覧と効果的に統合します。そのため、同じ場所からすべてのデータにアクセスできます。詳細は、15章仮想ファイルシステムおよびディスク管理GVFS を参照してください。
GTK+
GTK+ はグラフィカルユーザーインターフェースを作成するためのマルチプラットフォームツールキットであり、ユーザビリティーの高い機能豊富な API を提供します。GTK+ により、GNOME 3 ではアプリケーションの外観を変更するほか、グラフィックスのスムーズな外観を提供します。さらに GTK+ には、オブジェクト指向プログラミングサポート (GObject)、国際文字セットおよびテキストレイアウトの幅広いサポート (Pango)、またはアクセシビリティーインターフェース (ATK) のセットなどの数多くの機能が含まれます。