1.2. GNOME Shell とは

GNOME Shell は GNOME デスクトップのユーザーインターフェースであり、GNOME 3 の主要テクノロジーです。これは、ウィンドウの切り替え、アプリケーションの起動または通知の表示などの基本的なユーザーインターフェース機能を提供します。
GNOME Shell はユーザーインターフェースの革新的な概念を導入し、最新のグラフィックスハードウェア搭載のシステム上のハードウェアアクセラレーションを含む、高品質のユーザーエクスペリエンスを提供します。
GNOME Shell ユーザーインターフェースの主要コンポーネントには以下が含まれます。
トップバー
画面最上部にあるこの水平のバーからは、アクティビティ画面、時計およびカレンダー、システムステータスアイコン、および画面左上のシステムメニューなど、GNOME Shell の一部の基本的な機能にアクセスできます。
システムメニュー
システムメニュー は右上にあります。このメニューからは、設定の更新や Wi-Fi 接続情報の確認、ユーザーの切り替え、コンピューターのシャットダウンなどができます。
アクティビティ画面
アクティビティ画面 は、ユーザーがアプリケーションやウィンドウを実行したり、それらの切り替えを行うことのできるウィンドウおよびアプリケーションビューを特長としています。
上部の search entry (検索ワードを入力) からは、アプリケーション、ドキュメント、ファイルおよび設定ツールなどのデスクトップ上で利用可能な各種の項目を検索できます。
左側の垂直バーは ダッシュボード と呼ばれ、ここにはお気に入りのアプリケーションや実行中のアプリケーションの一覧が含まれます。
workspace list (ワークスペースのリスト) は右側に表示され、ここからユーザーは複数のワークスペース間の切り替えを行ったり、1 つのワークスペースから別のワークスペースにアプリケーションやウィンドウを移動させることができます。
メッセージトレイ
メッセージトレイ は画面の一番下の水平バーとして表示され、ユーザーが Super+M を押すと表示されます。ここから保留中の通知にアクセスできます。
GNOME クラシック固有のコンポーネント
GNOME クラシック は Red Hat Enterprise Linux 7 におけるデフォルトの GNOME Shell モードです。これは、GNOME Shell の外観と共に GNOME Shell 動作のいくつかの側面を変更しています。これには、ウィンドウリストのある画面の一番下のバーやトップバーの アプリケーション および 場所 メニューが含まれます。GNOME クラシックの詳細は、「GNOME クラシックとは」 を参照してください。

1.2.1. ハードウェアアクセラレーションおよびソフトウェアレンダリング

GNOME Shell は視覚効果を特長としており、OpenGL ベースのグラフィックスライブラリーの Clutter によって提供されるハードウェアアクセラレーションサポートを利用します。
ハードウェアアクセラレーションが適切に機能するには、グラフィックスドライバーは GL 1.2 およびマルチテクスチャー拡張機能、または GL 1.3 をサポートする必要があります。または、ドライバーが GLES 1.1 または GLES 2.0 のサポートを提供する必要があります。多くの GPU モデルおよびドライバーは GL または GLES のサポートを適切に実装しないため、それらの GPU およびドライバーを搭載したシステムではハードウェアアクセラレーションは利用できない場合があることに注意してください。
GPU およびドライバー要件を満たさない、仮想マシンを含むシステムでは、ソフトウェアレンダリングを使用して、ハードウェアアクセラレーションがサポートされているシステムの場合と同じ GNOME 3 のユーザーエクスペリエンスを提供します。ソフトウェアレンダリングは llvmpipe ドライバーによって提供されます。
システムがソフトウェアレンダリングおよび llvmpipe ドライバーを使用しているかどうかを判別するには、glxinfo コマンドを実行できます。
$ glxinfo | grep renderer
OpenGL renderer string: Gallium 0.4 on llvmpipe (LVVM 3.3, 128 bits)
ソフトウェアレンダラーは完全に準拠した OpenGL 実装を提供しないため、一部のプログラムが複数のアプリケーション間で GLX 状態の一貫したビューを提供する X サーバーに依存する場合に、それらのプログラムは適切に機能しない可能性があることに注意してください。お使いのハードウェアをアップグレードするか、またはハードウェアアクセラレーションを完全にサポートする GPU およびドライバーを搭載したシステム上でこれらのプログラムを実行してください。