13.10. ノート PC を閉じた際にコンピューターがサスペンドしないようにする

ノート PC を閉じると、コンピューターは節電のためサスペンドします。この動作の設定を変更すると、ノート PC を閉じてもサスペンドしないようにすることができます。

警告

マシンによっては、特にバックパックなど狭いところに入れた状態でノート PC を閉じたまま作動させ続けるとオーバーヒートしてしまう場合があります。このため、サスペンドにするデフォルト設定を変更する場合は、ご自分の状況に適したものかを検討してください。

手順13.10 ノート PC を閉じた際のスイッチ設定

  1. /etc/systemd/logind.conf ファイルをエディターで開きます。
  2. HandleLidSwitch=suspend の行の先頭に # 記号がある場合は、これを外します。
    この行がファイルにない場合は、追加します。
  3. デフォルトの suspend パラメーターを以下のいずれかで置き換えます。
    • 画面をロックする場合は lock
    • なにもしない場合は ignore
    • コンピューターをオフにするには poweroff
    以下に例を示します。
    [Login]
    HandleLidSwitch=lock
  4. 変更を保存してエディターを終了します。
  5. 以下のコマンドを実行して次回の再起動後に変更が保存されるようにします。
    # systemctl restart systemd-logind.service

    警告

    サービスを強制的に再起動すると、ログインしているデスクトップユーザーの現在実行中の GNOME セッションが割り込まれることに留意してください。これにより、ユーザーは保存していないデータを失う可能性があります。
/etc/systemd/logind.conf ファイルの詳細については、logind.conf(5) man ページを参照してください。