11.2. マシン全体の拡張機能の有効化

システムの全ユーザーが拡張機能を利用できるようにするには、それらの拡張機能を /usr/share/gnome-shell/extensions ディレクトリーにインストールします。
デフォルトで有効な機能拡張を設定するには org.gnome.shell.enabled-extensions キーを設定する必要があります。ただし、現在すでにログインしているユーザーに対して追加の拡張機能を有効にする方法はありません。これは、インストールして、自身の GNOME 拡張を有効にしている既存のユーザーには適用されません。

手順11.2 マシン全体の拡張機能の有効化

  1. /etc/dconf/db/local.d/00-extensions にマシン全体の設定用の local データベースファイルを作成します。
    [org/gnome/shell]
    # List all extensions that you want to have enabled for all users
    enabled-extensions=['myextension1@myname.example.com', 'myextension2@myname.example.com']
    enabled-extensions キーは、拡張機能の UUID (myextension1@myname.example.com および myextension2@myname.example.com) を使用して有効にされた拡張機能を指定します。
  2. システムデータベースを更新します。
    # dconf update
  3. ユーザーは、システム全体の設定が有効になる前にログアウトしてから再度ログインする必要があります。