10.6. フォントの設定

Red Hat Enterprise Linux 7 では、フォントの管理およびカスタマイズに fontconfig ユーティリティーを使用します。fontconfig はフォント管理を簡素化し、アンチエイリアス処理などの表示機能を提供します。本セクションでは、以下のフォント管理タスクについて説明します。
  • 新規フォントの追加 (特定ユーザー向けおよび全ユーザー向けの両方)
  • 見つからないフォントの代わりに使用するフォントの指定
  • フォントエイリアスの設定
  • 言語ごとのフォント設定の定義
  • フォントのプロパティーのカスタマイズ
システム上で利用可能なフォントの一覧をコンパイルするために、fontconfig/etc/fonts/fonts.conf 設定ファイルにデフォルトで一覧表示されるディレクトリーを検索します。
fontconfig が認識する、システムにインストール済みのすべてのフォントを一覧表示するには、fc-list コマンドを使用できます。
$ fc-list : file
fc-list の詳細は、fc-list(1) man ページを参照してください。
fontconfig およびその設定の詳細は、fonts-conf(5) man ページを参照してください。

10.6.1. すべてのユーザー用のフォントの追加

フォント処理に fontconfig を使用するアプリケーションを使用して、ユーザーが利用できる追加フォントをインストールすることができます。

手順10.12 追加フォントのインストール

  1. フォントをインストールするには、/usr/local/share/fonts/ ディレクトリーにコピーします。ディレクトリーがない場合は作成します。
  2. 一部のフォントには、太字、イタリックなどの複数のファイルがあるため、インストールしている各フォントファミリーのサブディレクトリーを作成します。
  3. 以下のコマンドを実行してフォントキャッシュが更新されていることを確認します。
    $ fc-cache /usr/local/share/fonts/

重要

fontconfig は新規フォントを検出し、それらを利用可能にします。一部のアプリケーションは、ユーザーセッションとは異なり、新規フォントの使用を可能にするために再起動する必要があることがあります。

代替ディレクトリーの使用

または、ディレクトリーが /etc/fonts/fonts.conf ファイルに一覧表示されている場合、/usr/local/share/fonts/ 以外のシステムディレクトリーにフォントをインストールすることもできます。一覧表示されていない場合は、使用するディレクトリーが含まれる /etc/fonts/local.conf に、独自のマシン全体の設定ファイルを作成する必要があります。詳細は、fonts-conf(5) man ページを参照してください。
代替ディレクトリーを使用している場合は、fc-cache コマンドでフォントキャッシュを更新する際にディレクトリー名を必ず指定します。
$ fc-cache directory_name

10.6.2. 個別ユーザー用のフォントの追加

フォント処理に fontconfig を使用するアプリケーションして、特定のユーザーが利用できる追加フォントをインストールすることができます。

手順10.13 追加フォントのインストール

  1. フォントを ~/.local/share/fonts/ ディレクトリーにコピーして、インストールします。
  2. 以下のコマンドを実行してフォントキャッシュが更新されていることを確認します。
    $ fc-cache ~/.local/share/fonts

重要

fontconfig は新規フォントを検出し、それらを利用可能にします。変更を確認するには、実行中のアプリケーションの再起動が必要になることがあります。ユーザーセッションを再起動する必要はありません。

10.6.3. フォントの置き換え

アプリケーションがシステム上で利用できないフォントを要求する際、fontconfig/etc/fonts/fonts.conf 設定ファイルを読み取り、要求されるフォントの代わりとしてこれに最も類似する利用可能なフォントを判別します。個別の文字も、要求されるフォントにない場合は置き換えが可能です。
特定のフォントのフォント置き換えを設定するには、Fonts Tweak Tool を使用することができます。このツールはユーザー別の設定の場合にのみ使用できることに注意してください。
Fonts Tweak Tool を使用したフォントの置き換え

図10.1 Fonts Tweak Tool を使用したフォントの置き換え

Fonts Tweak Tool はデフォルトでシステムにインストールされていない場合があります。これをインストールするには、以下のコマンドを実行します。
# yum install fonts-tweak-tool

手順10.14 フォントの置き換え

  1. Super キーを押して アクティビティ画面 に入り、Fonts Tweak Tool と入力してから Enter を押して Fonts Tweak Tool を起動します。
  2. Font Substitutionsタブをクリックします。
  3. 左側のペインの左下にある + ボタンをクリックして、置き換えるフォントの名前を選択または入力してから 追加 をクリックします。
  4. 右側のペインの左下の + ボタンをクリックして、最初のフォントの置き換えに使用するフォントの名前を選択してから 追加 をクリックします。
  5. 閉じる をクリックします。
これで、選択した利用可能なフォントが古いフォントに置き換わります。

10.6.4. フォントエイリアスの設定

Fonts Tweak Tool は、各ロケールについて、個々のユーザーが異なるフォントエイリアスを設定できるようにします。
  • Sans Serif
  • Serif
  • Monospace
  • Cursive
  • Fantasy
上記のエイリアスは、serif および monospace タイプなどの一般的なフォントのタイプを表すために使用されます。アプリケーションおよびユーザーは、システム上にインストールされた特定のフォントを指定する必要なく、これらのエイリアスを参照することができます。
ユーザーはこれらのエイリアスのそれぞれにカスタムフォントを選択して、システムデフォルトのフォントを上書きできます。
Fonts Tweak Tool はデフォルトでシステムにインストールされていない場合があります。これをインストールするには、以下のコマンドを実行します。
# yum install fonts-tweak-tool
Fonts Tweak Tool を使用したフォントエイリアスの設定

図10.2 Fonts Tweak Tool を使用したフォントエイリアスの設定

手順10.15 フォントエイリアスの設定

  1. Super キーを押して アクティビティ画面 に入り、Fonts Tweak Tool と入力してから Enter を押して Fonts Tweak Tool を起動します。
  2. Font Aliases タブをクリックします。
  3. 左側のペインの下にある + ボタンをクリックし、フォントエイリアスを設定する必要のあるロケールの名前を選択または入力してから 追加 をクリックします。
    使用されているロケールかどうかにかかわらず、デフォルトのフォントエイリアスを設定するには、ロケールの一覧から「デフォルト」を選択します。
  4. 右側のペインで、システムのデフォルトの上書きに必要なフォントエイリアスを見つけ、ドロップダウンリストからカスタムフォントを選択します。
  5. 閉じる をクリックします。
これで、システムのデフォルトエイリアスを上書きし、新規のカスタムフォントを選択できました。

10.6.5. 複数言語の順序

Fonts Tweak Tool により、複数の言語をユーザーインターフェースに設定しているユーザーは、アプリケーションに言語を表示する順序を変更することができます。この機能は、ラテンおよびラテン以外のフォントの両方を使用し、ラテン文字を表示するのにラテン以外をベースとするフォントを使用する必要のないユーザーにとってとくに便利です。
たとえば、言語として日本語と英語を設定し、英語のラテン文字を日本語のラテン以外をベースとするフォントと共に表示することを避ける場合は、英語をプライマリー言語として設定し、日本語をセカンダリーとして設定します。次に、ラテンベースのフォントは英語の文字を表示するために使用され、ラテン以外をベースとするフォントは日本語の文字のみを表示するためにのみ使用されます。
Fonts Tweak Tool はデフォルトでシステムにインストールされていない場合があります。これをインストールするには、以下のコマンドを実行します。
# yum install fonts-tweak-tool

手順10.16 複数言語の設定

  1. Super キーを押して アクティビティ画面 に入り、Fonts Tweak Tool と入力してから Enter を押して Fonts Tweak Tool を起動します。
  2. Language Ordering タブをクリックします。
  3. ウィンドウの左下にある + ボタンをクリックし、プライマリーとして設定する必要のある言語の名前を選択するか、これを入力してから 追加 をクリックします。
  4. 別の言語を追加するには、ウィンドウの左下にある + ボタンをクリックし、セカンダリーとして設定する必要のある言語の名前を選択してから 追加 をクリックします。
    このステップを繰り返して言語を追加します。
  5. 閉じる をクリックします。

重要

ユーザーインターフェースに、アプリケーションの言語が表示される順序を設定することができます。
複数の言語が設定される場合、一部のアプリケーション (xterm および他の Xft アプリケーションなど) は、ユーザーの言語のすべての文字を適切に表示しない場合があります。これは、それらのアプリケーションまたはアプリケーションが使用しているレンダリングライブラリーにフォールバックフォントのサポートがないためです。

10.6.6. フォントプロパティーの設定

Fonts Tweak Tool を使用するユーザーは、各種のフォントプロパティーを変更でき、ユーザーごとに詳細なフォント設定を行うことができます。
Fonts Tweak Tool はデフォルトでシステムにインストールされていない場合があります。これをインストールするには、以下のコマンドを実行します。
# yum install fonts-tweak-tool

手順10.17 フォントプロパティーの変更

  1. Super キーを押して アクティビティ画面 に入り、Fonts Tweak Tool と入力してから Enter を押して Fonts Tweak Tool を起動します。
  2. Fonts Properties タブをクリックします。
  3. ウィンドウの左下にある + ボタンをクリックし、プロパティーを変更するフォントの名前を選択するか、これを入力してから 追加 をクリックします。
    このステップを繰り返してフォントを追加します。
  4. 必要に応じてフォントのプロパティーを変更します。
  5. 閉じる をクリックします。
追加される一部のフォントでは、以下が、ユーザーが Fonts Properties タブで設定できるフォントプロパティーの一部に含まれます。
Use the embedded bitmap font if available (組み込みビットマップフォントの使用 (ある場合))。
これは、アウトラインフォントよりもビットマップフォントを好むユーザーにとって便利です。埋め込みビットマップフォントを使用するには、適切なフォントを追加し、Use embedded bitmap font if any をクリックします。
Use the JIS X 2013:2004 glyphs (JIS X 2013:2004 グリフの使用)。
JIS X 2013:2000 以前のものではなく、JIS X 2013:2004 標準の日本語のグリフを使用するには、JIS X 2013:2004 をサポートするフォントを追加してから Features リストの jp04 をクリックします。