第16章 ハードウェアの設定

16.1. タブレット

16.1.1. 新規タブレット向けサポートの追加

libwacom はワコムモデルについてのデータを保存するタブレット情報クライアントライブラリーです。このライブラリーは、GNOME の gnome-settings-daemon コンポーネントと ワコムタブレット 設定パネルの両方で使用されます。
新規タブレットのサポートを libwacom に追加するには、新規のタブレット定義ファイルが作成されている必要があります。タブレット定義ファイルは libwacom-data パッケージに含まれています。このパッケージがインストールされている場合、タブレット定義ファイルは /usr/share/libwacom/ ディレクトリー内でローカルで利用できます。
画面のマッピングを適切に使用するには、ご使用のタブレットのサポートが libwacom データベースおよび udev ルールファイルに組み込まれている必要があります。

重要

デバイスが libwacom でサポートされていないと、GNOME セッションでは正常に機能しても、画面ではデバイスが正常にマッピングされていないことで分かります。

手順16.1 タブレット記述の追加

  1. libwacom-list-local-devices ツールを使用して、libwacom が認識するすべてのローカルデバイスを一覧表示します。
    お使いのデバイスがカーネル (/proc/bus/input/devices を参照) および X セッション (xinput 一覧を参照) ではイベントデバイスとして利用可能であるものの、一覧表示にはない場合は、libwacom のデータベースにはないことになります。
  2. 新規のタブレット定義ファイルを作成します。以下の data/wacom.example を使用して必要な行を編集します。

    注記

    新規の .tablet ファイルはすでに利用可能な場合があるので、まずアップストリームのリポジトリー https://sourceforge.net/p/linuxwacom/libwacom/ci/master/tree/ を確認してください。お使いのタブレットモデルが一覧にある場合は、そのファイルをローカルマシンにコピーすれば十分です。
    # Example model file description for a tablet
    [Device]
    
    # The product is the product name announced by the kernel
    Product=Intuos 4 WL 6x9
    
    # Vendor name of this tablet
    Vendor=Wacom
    
    # DeviceMatch includes the bus (usb, serial), the vendor ID and the actual
    # product ID 
    DeviceMatch=usb:056a:00bc
    
    # Class of the tablet. Valid classes include Intuos3, Intuos4, Graphire, Bamboo, Cintiq
    Class=Intuos4
    
    # Exact model of the tablet, not including the size.
    Model=Intuos 4 Wireless
    
    # Width in inches, as advertised by the manufacturer
    Width=9
    
    # Height in inches, as advertised by the manufacturer
    Height=6
    
    # Optional features that this tablet supports
    # Some features are dependent on the actual tool used, e.g. not all styli
    # have an eraser and some styli have additional custom axes (e.g. the
    # airbrush pen). These features describe those available on the tablet.
    #
    # Features not set in a file default to false/0
    
    [Features]
    # This tablet supports styli (and erasers, if present on the actual stylus)
    Stylus=true
    
    # This tablet supports touch.
    Touch=false
    
    # This tablet has a touch ring (Intuos4 and Cintiq 24HD)
    Ring=true
    # This tablet has a second touch ring (Cintiq 24HD)
    Ring2=false
    
    # This tablet has a vertical/horizontal scroll strip
    VStrip=false
    HStrip=false
    
    # Number of buttons on the tablet
    Buttons=9
    
    # This tablet is built-in (most serial tablets, Cintiqs) 
    BuiltIn=false
  3. .tablet の接尾辞を付けて新規ファイルを追加、インストールします。
    cp the-new-file.tablet /usr/share/libwacom/
    インストールされると、タブレットは libwacom のデータベースに含まれます。これでこのタブレットは libwacom-list-local-devices で利用可能になります。
  4. 新規ファイル /etc/udev/rules/99-libwacom-override.rules を以下のコンテンツで作成し、自分の設定が上書きされないようにします。
    ACTION!="add|change", GOTO="libwacom_end"
    KERNEL!="event[0-9]*", GOTO="libwacom_end"
    
    [new tablet match entries go here]
    
    LABEL="libwacom_end"
  5. システムを再起動します。

16.1.2. ワコムタブレット設定の保存場所

ワコムタブレットの設定は GSettings の /org/gnome/settings-daemon/peripherals/wacom/machine-id-device-id キーに保存されます。ここで、machine-id は D-Bus マシン ID であり、device-id はタブレットデバイス ID です。タブレットの設定スキーマは org.gnome.settings-daemon.peripherals.wacom です。
同様に、スタイラス設定は /org/gnome/settings-daemon/peripherals/wacom/device-id/tool-id キーに保存されます。ここで、tool-id はプロフェッショナルの範囲に使用されるスタイラスの識別子です。tool-id のサポートのないコンシューマーの範囲には、汎用的な識別子が代わりに使用されます。スタイラスの設定スキーマは org.gnome.settings-daemon.peripherals.wacom.stylus、消しゴムは org.gnome.settings-daemon.peripherals.wacom.eraser です。
特定マシンで使用されるタブレット設定パスの詳細一覧を取得するには、gsd-list-wacom ツールを使用することができます。これは gnome-settings-daemon-devel パッケージで提供されます。
gnome-settings-daemon-devel パッケージがシステム上にインストールされていることを確認するには、システムを Optional チャンネルにサブスクライブさせていることを確認してから以下のコマンドを実行します。
# yum install gnome-settings-daemon-devel
システムを Optional チャンネルにサブスクライブさせる方法については、以下のリソースを参照してください。
パッケージがインストールされていることを確認した後に、以下のコマンドを実行します。
$ /usr/libexec/gsd-list-wacom
設定パスで machine-iddevice-id、および tool-id を使用すると、マシンごとに別個のタブレット設定を持つ共有ホームディレクトリーの使用が可能になります。

16.1.3. マシン間でホームディレクトリーを共有する際にワコムの設定は 1 台のマシンのみに適用される

この理由は、ワコムタブレットの D-Bus マシン ID (machine-id) がタブレット設定を保存する /org/gnome/settings-daemon/peripherals/wacom/machine-id-device-id GSettings キーの設定パスに組み込まれているためです。