4.2.4. Ansible Playbook で IdM クライアント登録の認可オプション

この参照セクションでは、インベントリーおよび Playbook の例とともに、IdM クライアント登録の個々の認可オプションを示します。

表4.1 Ansible で IdM クライアント登録の認可オプション

認可オプション備考インベントリーファイルの例Playbook ファイル install-client.yml の例

クライアントを登録する権限のあるユーザーのパスワード - オプション 1

Ansible vault に保存されているパスワード

[ipaclients:vars]
[...]
- name: Playbook to configure IPA clients with username/password
  hosts: ipaclients
  become: true
  vars_files:
  - playbook_sensitive_data.yml

  roles:
  - role: ipaclient
    state: present

クライアントを登録する権限のあるユーザーのパスワード - オプション 2

インタベントリーファイルに格納されるパスワード

[ipaclients:vars]
ipaadmin_password=Secret123
- name: Playbook to configure IPA clients
  hosts: ipaclients
  become: true

  roles:
  - role: ipaclient
    state: true

ランダムなワンタイムパスワード (OTP) - オプション 1

OTP および管理者パスワード

[ipaclients:vars]
ipaadmin_password=Secret123
ipaclient_use_otp=yes
- name: Playbook to configure IPA clients
  hosts: ipaclients
  become: true

  roles:
  - role: ipaclient
    state: true

ランダムなワンタイムパスワード (OTP) - オプション 2

OTP および管理者キータブ

[ipaclients:vars]
ipaadmin_keytab=/tmp/admin.keytab
ipaclient_use_otp=yes
- name: Playbook to configure IPA clients
  hosts: ipaclients
  become: true

  roles:
  - role: ipaclient
    state: true

前回登録時のクライアントキータブ

 
[ipaclients:vars]
ipaclient_keytab=/tmp/krb5.keytab
- name: Playbook to configure IPA clients
  hosts: ipaclients
  become: true

  roles:
  - role: ipaclient
    state: true