第24章 Ansible Playbook を使用した IdM でのグローバル DNS 設定の管理

Red Hat Ansible Engine の dnsconfig モジュールを使用して、Identity Management (IdM) DNS のグローバル設定を構成できます。グローバル DNS 設定で定義したオプションは、すべての IdM DNS サーバーに適用されます。ただし、グローバル設定は、特定の IdM DNS ゾーンの設定よりも優先度が低くなります。

dnsconfig モジュールは以下の変数をサポートします。

  • グローバルフォワーダー (特に通信に使用する IP アドレスとポート)
  • グローバル転送ポリシー: only、first、または noneDNS 転送ポリシーの上記のタイプの詳細は、「IdM の DNS 転送ポリシー」を参照してください。
  • 正引きルックアップおよび逆引きルックアップゾーンの同期。

前提条件

 

本章では、以下のセクションを説明します。

24.1. IdM を使用して /etc/resolv.conf のグローバルフォワーダーが NetworkManager に削除されないようにする方法

統合 DNS で Identity Management (IdM) をインストールすると、/etc/resolv.conf ファイルが localhost アドレス (127.0.0.1) を参照するように設定されます。

# Generated by NetworkManager
search idm.example.com
nameserver 127.0.0.1

DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) を使用するネットワークなど、環境によっては、/etc/resolv.conf ファイルへの変更が NetworkManager サービスにより元に戻されてしまう場合があります。IdM DNS のインストールプロセスでは、以下のように NetworkManager サービスも設定し、DNS 設定を永続化します。

  1. DNS インストールスクリプトを使用して、/etc/NetworkManager/conf.d/zzzz-ipa.conf NetworkManager 設定ファイルを作成し、検索の順序と DNS サーバー一覧を制御します。

    # auto-generated by IPA installer
    [main]
    dns=default
    
    [global-dns]
    searches=$DOMAIN
    
    [global-dns-domain-*]
    servers=127.0.0.1
  2. NetworkManager サービスが再読み込みされ、/etc/NetworkManager/conf.d/ ディレクトリーにある以前のファイルの設定を使用して /etc/resolv.conf ファイルを作成します。今回の場合は、zzz-ipa.conf ファイルです。
重要

/etc/resolv.conf ファイルは手動で変更しないでください。