22.4. Ansible を使用した IdM サービスのサービスシークレットの取得

本セクションでは、Identity Management (IdM) ユーザーが Ansible Playbook を使用して、サービスの代わりにサービス vault からシークレットを取得する方法を説明します。以下の手順で使用する例では、Playbook を実行して secret_vault という名前の PEM ファイルを取得し、Ansible インベントリーファイルに ipaservers として記載されている全ホストの指定の場所に保存します。

サービスは、キータブを使用して IdM に対して、さらに秘密鍵を使用して vault に対して認証を実行します。ansible-freeipa がインストールされている IdM クライアントから、サービスの代わりにファイルを取得できます。

前提条件

  • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。これは、この手順の内容を実行するホストです。
  • IdM 管理者パスワードが分かっている。
  • サービスシークレットの保存先の 非対称 vault を作成している。
  • vault にシークレットをアーカイブ している。
  • Ansible コントローラーで private_key_file 変数が指定する場所にサービス vault のシークレットの取得に使用する秘密鍵が保存されている。

手順

  1. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/vault ディレクトリーに移動します。

    $ cd /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/vault
  2. オプション: inventory.file など、存在しない場合はインベントリーファイルを作成します。

    $ touch inventory.file
  3. インベントリーファイルを開き、以下のホストを定義します。

    • [ipaserver] セクションで、使用する IdM サーバーを定義します。
    • [webservers] セクションで、シークレットを取得するホストを定義します。たとえば Ansible に対して webserver1.idm.example.comwebserver2.idm.example.com および webserver3.idm.example.com にシークレットを取得するように指示するには以下を実行します。
    [ipaserver]
    server.idm.example.com
    
    [webservers]
    webserver1.idm.example.com
    webserver2.idm.example.com
    webserver3.idm.example.com
  4. Ansible Playbookファイル (retrieve-data-asymmetric-vault.yml) のコピーを作成します。以下に例を示します。

    $ cp retrieve-data-asymmetric-vault.yml retrieve-data-asymmetric-vault-copy.yml
  5. retrieve-data-asymmetric-vault-copy.yml ファイルを開いて編集します。
  6. ファイルを変更するには、ipavault タスクセクションに以下の変数を設定します。

    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者パスワードに設定します。
    • name 変数は vault の名前 (例: secret_vault) に設定します。
    • サービス 変数は vault のサービス所有者に設定します (例: HTTP/webserver1.idm.example.com)。
    • private_key_file 変数は、サービス vault のシークレットの取得に使用する秘密鍵の場所に設定します。
    • out 変数は、現在の作業ディレクトリーなど、private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem シークレットの取得先となる IdM サーバーの場所に設定します。
    • action 変数は member に設定します。

      今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイル:

    ---
    - name: Retrieve data from vault
      hosts: ipaserver
      become: no
      gather_facts: false
    
      tasks:
      - name: Retrieve data from the service vault
        ipavault:
          ipaadmin_password: Secret123
          name: secret_vault
          service: HTTP/webserver1.idm.example.com
          vault_type: asymmetric
          private_key: "{{ lookup('file', 'service-private.pem') | b64encode }}"
          out: private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem
          state: retrieved
  7. Playbook に、IdM サーバーから Ansible コントローラーにデータファイルを取得するセクションを追加します。

    ---
    - name: Retrieve data from vault
      hosts: ipaserver
      become: no
      gather_facts: false
      tasks:
    [...]
      - name: Retrieve data file
        fetch:
          src: private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem
          dest: ./
          flat: yes
          mode: 0600
  8. インベントリーファイルの webservers セクションに記載されている Web サーバーに、Ansible コントローラーから取得した private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem ファイルを転送するセクションを Playbook に追加します。

    ---
    - name: Send data file to webservers
      become: no
      gather_facts: no
      hosts: webservers
      tasks:
      - name: Send data to webservers
        copy:
          src: private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem
          dest: /etc/pki/tls/private/httpd.key
          mode: 0444
  9. ファイルを保存します。
  10. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory.file retrieve-data-asymmetric-vault-copy.yml