20.3. 標準、対称および非対称 vault

IdM では、セキュリティーおよびアクセス制御のレベルをもとに vault を以下のタイプに分類します。

標準 vault
Vault の所有者と vault メンバーは、パスワードやキーを使用せずにシークレットをアーカイブして取得できます。
対称 vault
vault のシークレットは対称キーを使用して保護されます。Vault の所有者とメンバーは、シークレットをアーカイブして取得できますが、vault パスワードを指定する必要があります。
非対称 vault
vault のシークレットは非対称キーを使用して保護されます。ユーザーは公開鍵でシークレットをアーカイブし、秘密鍵でシークレットを取得します。vault メンバーはシークレットのアーカイブのみが可能ですが、vault 所有者はシークレットのアーカイブと取得の両方が可能です。