25.4. Ansible Playbook を使用して、変数が複数ある IdM にプライマリー DNS ゾーンを存在させる手順

本セクションでは、Identity Management (IdM) の管理者が Ansible Playbook を使用して、プライマリー DNS ゾーンを存在させる手順を説明します。以下の手順で使用する例では、IdM 管理者は zone.idm.example.com の DNS ゾーンを追加します。Ansible Playbook は、ゾーンのパラメーターを複数設定します。

前提条件

  • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。これは、この手順の内容を実行するホストです。
  • IdM 管理者パスワードが分かっている。

手順

  1. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/dnszone ディレクトリーに移動します。

    $ cd /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/dnszone
  2. インベントリーファイルを開き、設定する IdM サーバーが [ipaserver] セクションに記載されていることを確認します。たとえば、Ansible に対して server.idm.example.com を設定するよう指示するには、以下を入力します。

    [ipaserver]
    server.idm.example.com
  3. Ansible Playbook ファイルのコピー (dnszone-all-params.yml) を作成します。以下に例を示します。

    $ cp dnszone-all-params.yml dnszone-all-params-copy.yml
  4. dnszone-all-params-copy.yml ファイルを開いて編集します。
  5. ipadnszone タスクセクションに以下の変数を設定してファイルを調整します。

    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者パスワードに設定します。
    • zone_name 変数は zone.idm.example.com に設定します。
    • 正引きレコードと逆引きレコードを同期できるように場合は (A および AAAA レコードを PTR レコードと同期)、allow_sync_ptr 変数を true に設定します。
    • dynamic_update 変数は、true に設定して、IdM クライアントマシンが IP アドレスを追加または更新できるようにします。
    • dnssec 変数は、true に設定して、ゾーン内のレコードのインラインの DNSSEC 署名を許可します。
    • allow_transfer 変数は、ゾーン内のセカンダリーネームサーバーの IP アドレスに設定します。
    • allow_query 変数は、クエリーを発行できる IP アドレスまたはネットワークに設定します。
    • forwarders 変数は、グローバルフォワーダー の IP アドレスに設定します。
    • serial 変数は SOA レコードのシリアル番号に設定します。
    • ゾーン内の DNS レコードの refreshretryexpireminimumttl および default_ttl の値を定義します。
    • nsec3param_rec 変数を使用して、ゾーンの NSEC3PARAM レコードを定義します。
    • skip_overlap_check 変数は、true に設定して、既存のゾーンと重複していても DNS を強制的に作成します。
    • skip_nameserver_check は、true に設定して、ネームサーバーが解決できない場合でも DNS ゾーンを強制的に作成します。

      以下は、今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイルです。

    ---
    - name: Ensure dnszone present
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      tasks:
      - name: Ensure zone is present.
        ipadnszone:
          ipaadmin_password: Secret123
          zone_name: zone.idm.example.com
          allow_sync_ptr: true
          dynamic_update: true
          dnssec: true
          allow_transfer:
            - 1.1.1.1
            - 2.2.2.2
          allow_query:
            - 1.1.1.1
            - 2.2.2.2
          forwarders:
            - ip_address: 8.8.8.8
            - ip_address: 8.8.4.4
              port: 52
          serial: 1234
          refresh: 3600
          retry: 900
          expire: 1209600
          minimum: 3600
          ttl: 60
          default_ttl: 90
          name_server: server.idm.example.com.
          admin_email: admin.admin@idm.example.com
          nsec3param_rec: "1 7 100 0123456789abcdef"
          skip_overlap_check: true
          skip_nameserver_check: true
          state: present
  6. ファイルを保存します。
  7. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory.file dnszone-all-params-copy.yml

関連情報

  • DNS ゾーンの詳細は、「サポート対象の DNS ゾーンタイプ」を参照してください。
  • IdM で設定できる DNS ゾーン属性の詳細は、「プライマリー IdM DNS ゾーンの設定属性」を参照してください。
  • ansible-freeipa ipadnszone モジュールの Ansible Playbook の他のサンプルは、/usr/share/doc/ansible-freeipa/ ディレクトリーの README-dnszone.md Markdown ファイルで確認できます。このファイルには ipadnszone 変数の定義も含まれます。
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/dnszone ディレクトリーで、ipadnszone モジュール向けの Ansible Playbook のサンプルを確認できます。