8.4. Ansible Playbook を使用して IdM ユーザーグループにメンバーマネージャーを存在させる手順

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して、ユーザーとユーザーグループ両方の IdM メンバーマネージャーが存在させる方法を説明します。

前提条件

  • IdM 管理者パスワードが分かっている。
  • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
  • メンバーマネージャーとして追加するユーザーまたはグループの名前と、メンバーマネージャーが管理するグループ名を用意する。

手順

  1. inventory.file などのインベントリーファイルを作成し、そのファイルに ipaserver を定義します。

    [ipaserver]
    server.idm.example.com
  2. 必要なユーザーおよびグループメンバー管理情報を使用して、Ansible Playbook ファイルを作成します。

    ---
    - name: Playbook to handle membership management
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      tasks:
      - name: Ensure user test is present for group_a
        ipagroup:
          ipaadmin_password: MySecret123
          name: group_a
          membermanager_user: test
    
      - name: Ensure group_admins is present for group_a
        ipagroup:
          ipaadmin_password: MySecret123
          name: group_a
          membermanager_group: group_admins
  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i path_to_inventory_directory/inventory.file path_to_playbooks_directory/add-member-managers-user-groups.yml

検証手順

ipa group-show コマンドを使用すると、group_a グループにメンバーマネージャーの test が含まれており、group_adminsgroup_a のメンバーであることが確認できます。

  1. 管理者として ipaserver にログインします。

    $ ssh admin@server.idm.example.com
    Password:
    [admin@server /]$
  2. managergroup1 についての情報を表示します。

    ipaserver]$ ipa group-show group_a
      Group name: group_a
      GID: 1133400009
      Membership managed by groups: group_admins
      Membership managed by users: test

関連情報

  • ipa host-add-member-manager --help を参照してください。
  • ipa の man ページを参照してください。