12.3. Ansible を使用して IdM RBAC 特権にパーミッションが含まれないようにする手順

Identity Management (IdM) のシステム管理者は、IdM のロールベースアクセス制御をカスタマイズできます。

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して、特権からパーミッションを削除する方法を説明します。この例では、管理者がセキュリティー上のリスクを考慮するため、デフォルトの Certificate Administrators 特権から Request Certificates ignoring CA ACLs を削除する方法を説明します。

前提条件

  • IdM 管理者パスワードが分かっている。
  • Ansible コントロールノードに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
  • 設定を行う IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) で Ansible インベントリーファイル を作成している。
  • Ansible インベントリーファイルが ~/ MyPlaybooks/ ディレクトリーにある。

手順

  1. ~/ MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/privilege/ にある privilege-member-present.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/privilege/privilege-member-absent.yml privilege-member-absent-copy.yml
  3. Ansible Playbook ファイル (privilege-member-absent-copy.yml) を開きます。
  4. ipaprivilege タスクセクションに以下の変数を設定してファイルを調整します。

    • 使用しているユースケースに合わせて、タスクの 名前 を調節します。
    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者のパスワードに設定します。
    • name 変数は、特権の名前に設定します。
    • permission の一覧は、特権から削除するパーミッションの名前に設定します。
    • action 変数が member に設定されていることを確認します。
    • state 変数は absent に設定されていることを確認します。

    以下は、今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイルです。

    ---
    - name: Privilege absent example
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      tasks:
      - name: Ensure that the "Request Certificate ignoring CA ACLs" permission is absent from the "Certificate Administrators" privilege
        ipaprivilege:
          ipaadmin_password: Secret123
          name: Certificate Administrators
          permission:
          - "Request Certificate ignoring CA ACLs"
          action: member
          state: absent
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory privilege-member-absent-copy.yml