第3章 Ansible Playbook で Identity Management レプリカのインストール

3.1. Ansible Playbook で IdM レプリカのインストール

以下のセクションでは、Ansible を使用してシステムを IdM レプリカとして設定する方法を説明します。システムを IdM レプリカとして設定すると、IdM ドメインに登録され、ドメインの IdM サーバーにある IdM サービスをシステムが使用できるようになります。

デプロイメントは、Ansible ロール ipareplica で管理されます。このロールは、自動検出モードを使用して、IdM サーバー、ドメイン、およびその他の設定を識別できます。ただし、複数のレプリカを階層のようなモデルでデプロイし、そのレプリカのグループを異なるタイミングでデプロイする場合には、グループごとに特定のサーバーまたはレプリカを定義する必要があります。

注記

Ansible を使用して IdM レプリカをインストールする前に、Ansible と IdM の概念を理解しているようにしてください。本章で使用されている以下の用語を理解します。

  • Ansible ロール
  • Ansible ノード
  • Ansible インベントリー
  • Ansible タスク
  • Ansible モジュール
  • Ansible プレイおよび Playbook

概要

インストールは、以下の手順で構成されます。

前提条件

  • Ansible コントロールノードに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。