32.4. Ansible を使用した NFS 共有を所有するグループへの IdM ユーザーの追加

Identity Management (IdM) システム管理者は、Ansible を使用して、NFS 共有にアクセスできるユーザーのグループを作成し、IdM ユーザーをこのグループに追加できます。

この例では、Ansible Playbook を使用して idm_user アカウントが developers グループに属していることを確認し、idm_user/exports/project NFS 共有にアクセスできるようにする方法について説明します。

前提条件

  • nfs-server.idm.example.com NFS サーバーへの root アクセス権があり、これは raleigh automount の場所にある IdM クライアントです。
  • IdM admin のパスワードを把握している。
  • 次の要件を満たすように Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.14 以降を使用している。
    • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • この例では、~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して Ansible インベントリーファイル を作成したことを前提としている。
    • この例では、secret.yml Ansible ボールトに ipaadmin_password が保存されていることを前提としている。
  • ターゲットノード (ansible-freeipa モジュールが実行されるノード) は、IdM クライアント、サーバー、またはレプリカとして IdM ドメインの一部です。

手順

  1. Ansible コントロールノードで、~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. automount-location-map-and-key-present.yml ファイルを編集用に開きます。
  3. tasks セクションで、IdM developers グループが存在し、idm_user がこのグループに追加されていることを確認するタスクを追加します。

    [...]
      vars_files:
      - /home/user_name/MyPlaybooks/secret.yml
      tasks:
    [...]
      - ipagroup:
         ipaadmin_password: "{{ ipaadmin_password }}"
          name: developers
          user:
          - idm_user
          state: present
  4. ファイルを保存します。
  5. Ansible Playbook を実行し、Playbook とインベントリーファイルを指定します。

    $ ansible-playbook --vault-password-file=password_file -v -i inventory automount-location-map-and-key-present.yml
  6. NFS サーバーで、/exports/project ディレクトリーのグループ所有権を developers に変更して、グループ内のすべての IdM ユーザーがディレクトリーにアクセスできるようにします。

    # chgrp developers /exports/project