9.3. Ansible を使用してセルフサービスルールがないことを確認する手順

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して、指定したセルフサービスルールが IdM 設定に存在しないことを確認する方法を説明します。以下の例では、ユーザーが自分の名前の詳細 のセルフサービスルールが IdM に存在しないことを確認する方法を説明します。これにより、ユーザーは自分の表示名や初期などを変更できないようにします。

前提条件

  • IdM 管理者パスワードが分かっている。
  • 以下の要件を満たす Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.8 以降を使用している。
    • ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/ MyPlaybooks/ ディレクトリーに、このオプションを設定する IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) で Ansible インベントリーファイル を作成している。

手順

  1. ~/ MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/selfservice/ ディレクトリーにある selfservice-absent.yml ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/selfservice/selfservice-absent.yml selfservice-absent-copy.yml
  3. Ansible Playbook ファイル (selfservice-absent-copy.yml) を開きます。
  4. ipaselfservice タスクセクションに以下の変数を設定してファイルを調整します。

    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者のパスワードに設定します。
    • name 変数は、セルフサービスルールの名前に設定します。
    • state 変数は absent に設定します。

    以下は、今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイルです。

    ---
    - name: Self-service absent
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      tasks:
      - name: Ensure self-service rule "Users can manage their own name details" is absent
        ipaselfservice:
          ipaadmin_password: Secret123
          name: "Users can manage their own name details"
          state: absent
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory selfservice-absent-copy.yml

関連情報

  • セルフサービスルールの概念の詳細は、「IdM でのセルフサービスアクセス制御」を参照してください。
  • ipaselfservice モジュールを使用するその他の Ansible Playbook の例については、以下を参照してください。

    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/ ディレクトリーにある README-selfservice.md ファイルこのファイルには ipaselfservice 変数の定義も含まれます。
    • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/selfservice ディレクトリー。