多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、弊社 の CTO、Chris Wright のメッセージ を参照してください。

Identity Management では、以下のような用語の置き換えが含まれます。

  • ブラックリストからブロックリスト
  • ホワイトリストから許可リスト
  • スレーブからセカンダリー
  • 単語 マスター は、コンテキストに応じて、より正確な言語に置き換えられます。

    • マスターからIdM サーバー
    • CA 更新マスターからCA 更新サーバー
    • CRL マスターからCRL パブリッシャーサーバー
    • マルチマスターからマルチサプライヤー