24.4. IdM での DNS 転送ポリシー

IdM は、first および only の BIND 転送ポリシーと、IdM 固有の転送ポリシー none をサポートします。

forward first (デフォルト)
IdM BIND サービスは、DNS クエリーを設定済みのフォワーダーに転送します。サーバーエラーやタイムアウトが原因でクエリーに失敗すると、BIND はインターネット上のサーバーを使用して再帰解決にフォールバックします。forward first ポリシーはデフォルトのポリシーで、DNS トラフィックの最適化に適しています。
Forward only
IdM BIND サービスは、DNS クエリーを設定済みのフォワーダーに転送します。サーバーエラーやタイムアウトが原因でクエリーに失敗すると、BIND はエラーをクライアントに返します。分割された DNS 設定の環境では、forward only ポリシーが推奨されます。
None (転送の無効化)
DNS クエリーは、none 転送ポリシーで転送されません。グローバル転送設定をゾーン別に上書きする場合にのみ、転送の無効化は有用です。このオプションは、IdM の BIND 設定で空のフォワーダー一覧を指定するのと同じです。
注記

転送を使用して、IdM のデータと、他の DNS サーバーのデータと統合できません。IdM DNS のプライマリーゾーン内にある特定のサブゾーンのクエリーのみを転送できます。

デフォルトでは、IdM サーバーが権威サーバーとなっているゾーンに、クエリーされた DNS 名が所属する場合には、BIND サービスは、クエリーを別のサーバーに転送しません。このような場合は、クエリーされた DNS 名が IdM データベースに見つからない場合は、NXDOMAIN との応答が返されます。転送は使用されません。

例24.1 サンプルシナリオ

IdM サーバーは、test.example の権威サーバーです。DNS ゾーン。BIND は、IP アドレス 192.0.2.254 でクエリーを DNS サーバーに転送するように設定されています。

クライアントが nonexistent.test.example のクエリーを送信する場合DNS 名である BIND は、IdM サーバーが test.example. ゾーンの権威サーバーであることを検出して、クエリーを 192.0.2.254. サーバーには転送しません。その結果、DNS クライアントは NXDomain エラーメッセージを受け取り、クエリーされたドメインが存在しないことをユーザーに通知します。