22.5. シークレットが漏洩した場合の Ansible での IdM サービス vault シークレットの変更

本セクションでは、サービスインスタンスの情報が漏洩した場合に、Identity Management (IdM) の管理者が Ansible Playbook を再利用して、サービス vault に保存されているシークレットを変更する方法を説明します。以下の例のシナリオでは、シークレットを保存する非対称 vault への鍵は漏洩されておらず、webserver3.idm.example.com で取得したシークレットの情報が漏洩した場合を前提としています。この例では、管理者は 非対称 vault でシークレットを保存する時 および IdM ホストに非対称 vault からシークレットを取得する時 に Ansible Playbook を再利用します。この手順のはじめに、IdM 管理者は新規シークレットを含む新しい PEM ファイルを非対称 vault に保存し、不正アクセスのあった Web サーバー (webserver3.idm.example.com) に新しいシークレットを配置しないようにインベントリーファイルを調節し、もう一度この 2 つの手順を実行します。

前提条件

  • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。これは、この手順の内容を実行するホストです。
  • IdM 管理者 パスワードが分かっている。
  • サービスシークレットの保存先の 非対称 vault を作成している。
  • IdM ホストで実行中の Web サービスの httpd 鍵を新たに生成し、不正アクセスのあった以前の鍵を置き換えている。
  • 新しい httpd キーが /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/vault/private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem ファイルなど、Ansible コントローラーのローカルに保存されている。

手順

  1. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/vault ディレクトリーに移動します。

    $ cd /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/vault
  2. インベントリーファイルを開き、以下のホストが正しく定義されていることを確認します。

    • [ipaserver] セクションの IdM サーバー
    • [webservers] セクションのシークレット取得先のホスト。たとえば Ansible に対して webserver1.idm.example.comwebserver2.idm.example.com にシークレットを取得するように指示するには、以下を入力します。

      [ipaserver]
      server.idm.example.com
      
      [webservers]
      webserver1.idm.example.com
      webserver2.idm.example.com
    重要

    このリストに不正アクセスのあった Web サーバーが含まれないようにしてください (現在の例では webserver3.idm.example.com)。

  3. data-archive-in-asymmetric-vault-copy.yml ファイルを開いて編集します。
  4. ファイルを変更するには、ipavault タスクセクションに以下の変数を設定します。

    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者パスワードに設定します。
    • name 変数は vault の名前 (例: secret_vault) に設定します。
    • サービス 変数は vault のサービス所有者に設定します (例: HTTP/webserver.idm.example.com)。
    • in 変数は "{{ lookup('file', 'new-private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem')| b64encode }}" に設定します。この設定では、Ansible が IdM サーバーではなく、Ansible コントローラーの作業ディレクトリーから秘密鍵のあるファイルを取得するようになります。
    • action 変数は member に設定します。

      今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイル:

    ---
    - name: Tests
      hosts: ipaserver
      become: true
      gather_facts: false
    
      tasks:
      - ipavault:
          ipaadmin_password: Secret123
          name: secret_vault
          service: HTTP/webserver.idm.example.com
          in: "{{ lookup('file', 'new-private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem') | b64encode }}"
          action: member
  5. ファイルを保存します。
  6. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory.file data-archive-in-asymmetric-vault-copy.yml
  7. retrieve-data-asymmetric-vault-copy.yml ファイルを開いて編集します。
  8. ファイルを変更するには、ipavault タスクセクションに以下の変数を設定します。

    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者パスワードに設定します。
    • name 変数は vault の名前 (例: secret_vault) に設定します。
    • サービス 変数は vault のサービス所有者に設定します (例: HTTP/webserver1.idm.example.com)。
    • private_key_file 変数は、サービス vault のシークレットの取得に使用する秘密鍵の場所に設定します。
    • out 変数は、現在の作業ディレクトリーなど、new-private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem シークレットの取得先となる IdM サーバーの場所に設定します。
    • action 変数は member に設定します。

      今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイル:

    ---
    - name: Retrieve data from vault
      hosts: ipaserver
      become: no
      gather_facts: false
    
      tasks:
      - name: Retrieve data from the service vault
        ipavault:
          ipaadmin_password: Secret123
          name: secret_vault
          service: HTTP/webserver1.idm.example.com
          vault_type: asymmetric
          private_key: "{{ lookup('file', 'service-private.pem') | b64encode }}"
          out: new-private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem
          state: retrieved
  9. Playbook に、IdM サーバーから Ansible コントローラーにデータファイルを取得するセクションを追加します。

    ---
    - name: Retrieve data from vault
      hosts: ipaserver
      become: yes
      gather_facts: false
      tasks:
    [...]
      - name: Retrieve data file
        fetch:
          src: new-private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem
          dest: ./
          flat: yes
          mode: 0600
  10. インベントリーファイルの webservers セクションに記載されている Web サーバーに、Ansible コントローラーから取得した new-private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem ファイルを転送するセクションを Playbook に追加します。

    ---
    - name: Send data file to webservers
      become: yes
      gather_facts: no
      hosts: webservers
      tasks:
      - name: Send data to webservers
        copy:
          src: new-private-key-to-an-externally-signed-certificate.pem
          dest: /etc/pki/tls/private/httpd.key
          mode: 0444
  11. ファイルを保存します。
  12. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory.file retrieve-data-asymmetric-vault-copy.yml

関連情報

  • Ansible を使用して IdM vault およびサービスシークレットを管理する方法および、Playbook 変数の情報は、/usr/share/doc/ansible-freeipa/ ディレクトリーで利用可能な README-vault.md Markdown ファイルおよび /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/vault/ で利用可能なサンプルの Playbook を参照してください。