4.3. Ansible Playbook で IdM クライアントのデプロイメント

Ansible Playbook を使用して IdM 環境に IdM クライアントをデプロイするには、この手順を完了します。

手順

  • Ansible Playbook を使用して IdM クライアントをインストールする場合は、ansible-playbook コマンドに Playbook ファイルの名前 (install-client.yml など) を指定します。-i オプションでインベントリーファイルを指定します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory/hosts install-client.yml

    -v オプション、-vv オプション、または -vvv オプションを使用して、詳細のレベルを指定します。

    Ansible には、Ansible Playbook スクリプトの実行が通知されます。次の出力は、失敗したタスクがないため、スクリプトが正常に実行されたことを示しています。

    PLAY RECAP
    client1.idm.example.com : ok=18 changed=10 unreachable=0 failed=0 skipped=21 rescued=0 ignored=0
    注記

    Ansible は、さまざまな色を使用して、実行中のプロセスに関するさまざまな情報を提供します。/etc/ansible/ansible.cfg ファイルの [colors] セクションで、デフォルトの色を変更できます。

    [colors]
    [...]
    #error = red
    #debug = dark gray
    #deprecate = purple
    #skip = cyan
    #unreachable = red
    #ok = green
    #changed = yellow
    [...]

Ansible Playbook を使用して、ホストに IdM クライアントをインストールしました。