第27章 IdM での DNS 転送の管理

以下の手順では、Identity Management (IdM) Web UI、IdM CLI、および Ansible で DNS グローバルフォワーダーおよび DNS 正引きゾーンを設定する方法を説明します。

27.1. IdM DNS サーバーの 2 つのロール

DNS 転送は、DNS サービスが DNS クエリーに応答する方法を左右します。デフォルトでは、IdM と統合されている Berkeley Internet Name Domain (BIND) サービスは、権威 および 再帰 DNS サーバーの両方として機能します。

権威 DNS サーバー
IdM サーバーが権威のある DNS ゾーンに所属する名前のクエリーを DNS クライアントが出した場合に、BIND は設定済みのゾーンに含まれるデータで応答します。権威データは常に他のデータよりも優先されます。
再帰 DNS サーバー
IdM サーバーが権威のない名前のクエリーを DNS クライアントが出した場合に、BIND は他の DNS サーバーを使用してこのクエリーを解決しようとします。フォワーダーが定義されていない場合は、BIND がインターネット上のルートサーバーにクエリーを出し、再帰解決アルゴリズムを使用して DNS クエリーに応答します。

BIND を使用して他の DNS サーバーに直接問い合わせて、インターネットで利用可能なデータをもとに再帰を実行することは推奨されません。別の DNS サーバーである フォワーダー を使用してクエリーを解決するように BIND を設定できます。

フォワーダーを使用するように BIND を設定すると、クエリーと応答が IdM サーバーとフォワーダーの間で送受信され、IdM サーバーが権威データ以外の DNS キャッシュとして機能します。